• HOME
  • ブログ
  • danner ダナーライト【ジーンズとのコーデがおすすめのブーツ】
ダナーライト 

danner ダナーライト【ジーンズとのコーデがおすすめのブーツ】

ダナーが誇る名作ブーツ『ダナーライト』についての記事です。

ディテール解説やエイジング状況をレポートしています。

ダナーライトはまじでおすすめブーツです。

ダナーライトとは【DANNER】が誇る名作ブーツ。

ダナーライト エイジング
ダナーライト

本日はわたくしが愛用中のダナーの名作、ダナーライトを。

もうシーズンが終わりそうなのでエイジング状況の記録もかねて書きます。

大好きなダナーライトの特徴と魅力が伝えていきます。

ダナーライトはアメリカ製!ディテールの紹介。

ダナーライト レビュー

購入時期は忘れてしまいました。

スレもたくさんあるし乾燥肌気味のダナーライト。

フックには青サビが出ており、何とも言えない雰囲気が出始めています。

「MADE IN USA」のタグが誇らしくも感じます。

今もなおポートランドの工場でハンドメイドで作られているダナー。

(ダナーを運営していた米ラクロス社は2012年にABCマートに子会社化されています)

→ ABCマート公式サイトでは『DANNER』が種類豊富に販売されています。

【DANNER】 GORE-TEX ダナー DANNER LIGHT ダナーライト 30440 KHAKI
ダナーライト
コーデュラナイロン

コーデュラナイロンが良い感じでやれてきています。

アイレットは上3つがフックになっており、脱ぎ履きしやすい仕様。

上まできっちりとめて縛ってもOK。

フックにはとめず、余ったシューレースをブーツに巻き付けてもカッコよく決まります。

ベロの刻印

ベロ部分、「Danner]の文字が刻印されています。

革は、ウォータプルーフフルグレインレザーが使用されています。

→雨も汚れもあまり気にせず履けます。

(もともとアウトドアの靴ですから気にせず履くのが良い)

ブーツ内部

ブーツ内部にはインソールは入っていません。(入れていた時もあったのですが、厚みが出て足が痛くなったので取ってしまいました)

防水性・透湿性に優れた素材である『ゴアテックス』が袋状に形成され足を包み込むように配置されています。

→さすがのゴアテックスでも多少は蒸れます。

※ゴアテックスとは?

https://jp.danner.com/best-partner/dtbp-09.html

防水透湿性に優れた素材のこと。

アウトドアウエアでは有名な素材であったゴアテックスですが、ブーツに採用したのはダナーライトが最初。

当時、靴に採用するのは難しいといわれていた『ゴアテックス』をゴア社との共同開発により誕生しました。

現在でも防水性に優れたアウトドアブーツにはゴアテックスが使用されていますが、ゴアテックスを靴に採用する技術が開発されたのは1979年のこと。約40年前に開発された技術が現代でも生きているのはとてつもなく凄いことで、革新的な開発であっただろうと感心してしまいます。

ダナー式ステッチダウン製法
ダナー式ステッチダウン製法

『軽さと履きやすさ』が最大の特徴であるダナー式ステッチダウン製法。

ソール交換ももちろん可能です。

私自身の経験として、ブーツ穿き始め恒例行事の「靴擦れ」「足の痛み」は一切ありませんでした。

革のブーツと比較するのもどうなのか微妙なところもありますが、ブーツというカテゴリーの履物の中ではかなり履きやすく快適だと感じています。

レッドウイング等の本革のブーツとは全くの別物と思っていただいた方が良いと思います。

それだけ最初から足に痛みを感じることはなく、非常に楽であると言うことです。

ダナー ソール
ソール

ビブラムクレッターリフトです。

グリップ力が高くお気に入りのソールなので雨の日でも安心。

かかとが大分すり減っていますので、もうそろそろソールの交換時期。

ダナーライト

最後に前から1枚。

値段は少々張りましたが買って後悔したことは1度もない一足です。

もう何年もはいていますが、愛着が湧くばかりです。

ダナーライトをお手入れすると最高のエイジングに。

ダナーライト メンテナンス

履きジワと自然なツヤ感がたまりませんね。

メンテナンス後の表情をみると手入れして良かったと心から感じます。

つま先付近をもう少しアップで見ていきます。

ダナーライト エイジング

傷さえも愛おしく感じます。→ 変態?

履きジワ、シューレース付近のシワなどたまらない雰囲気です。

つま先にはガリっとしてしまった目立つ傷がありますが、マウンテンブーツ・ワークブーツは多少の傷は気にせずガシガシ履いた方が良いエイジングになっていくと思っていますので補色等の手入れはしていません。

いっぱい履いて・使ってなんぼです。

ダナーライトのグレインレザーも時折お手入れが必要になってきますので、私がお手入れに使っているケア用品をご紹介します。

超有名な万能デリケートクリーム。

ダナーやレッドウイングをはじめとしたブーツにももちろんのこと、普段持ち歩いている革製品全般のお手入れにも最適です。

サラッとした使用感で塗った後のべたつきはありません。

シダーウッドの独特なにおいは賛否両論ありますが、私は好きな香りです。

こちらも定番の革靴汚れ落とし。

サラッとした液体なのでとにかく使いやすいですが、擦りすぎたりすると革を傷めたりするので注意です。

1つ持っておくと革靴全般のお手入れにとっても便利。

白いタオルでお手入れを実施すると驚くほど汚れが取れるのがわかりますよ。

ダナーライトのコーディネート【ジーンズに合う!】

ダナーライト コーデ

定番のアメカジコーデです。

  • アウター【ウエアハウス】ピケボアジャケット
  • スウェット【クッシュマン】フリーダムスリーブスウェット
  • ジーンズ【ウエアハウス】1001xx
  • ブーツ【DANNER】ダナーライト

ジーンズ×ダナーライトの組み合わせが相性がバッチリで格好良いと思います。

私が最高に好きな組み合わせです。

ダナーライトはボリュームのあるブーツですので、普通の太さのストレートジーンズが一番合うでしょう。

スリムやテーパードのきつ過ぎるジーンズと合わせると、足元だけにボリュームが出てしまうので注意してくださいね。

ジーンズ ダナー コーデ

私のダナーライトを使ったコーデのこだわりは、

ジーンズの裾をロールアップしてコーディネートすること。

程よくダナーライトをアピールしたいので、ロールアップしてジーンズの裾の長さを調整しています。

流行りのアウトドア系のアウターにも相性バッチリなので、コーデには困らないと思います。流行りのレインウエアーやベストとのコーディネートとも相性抜群です。

最近は雨の日の登板がメインになりつつありますが、まだまだ現役。

10年20年と履き続け良いアジを出していきたいです。

>>写真のジーンズ「ウエアハウス1001xx」はこちら。

コスパが魅力の『ダナーフィールド』も要チェック!

DANNER FIELD フィールド

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。