【2022年版】買ってよかったランキング

明けましておめでとうございます。

いつもは年末に発表しているこの記事、ちょっとバタバタして更新できずじまいでした。

例年ほどお買い物した数は少なかったものの、振り返ればなんやかんや購入してるもんですね。私としてはめずらしく、デニム1本も買わんかったな。

この1年はトップスや靴で長く付き合える良品に出会えた年だったとおもいます。

それでは年をまたいでしまいましたが、2022年に私が出会って本当に気に入っているアイテムベスト5をぜひご覧くださいね。

第5位 レッドウィング1907

第5位はレッドウィングの中でもちょいと変わり種的な1907です。

定番のモックトゥタイプといえども、こちらはストームウェルトという足元にボリューム感の出る立ちコバが特徴的な1足です。

【ブーツの季節到来】レッドウィング1907のちょっとした感想

以前にレビューしたこちらの記事で、足に合わんとか書きましたがやっぱり気に入っているブーツです。

2023年はどうしてもこのブーツにジッパーユニットを装着して履きたい!

けど在庫が全然ないんですよね。逐一オンラインショップ確認したり、直営店に問い合わせしてみてもない!

レッドウィングさん。今年はよろしくお願いします!

第4位 ウエアハウス シャンブレーシャツ

4年ほど愛用していたUESのシャンブレーシャツからついに買い換えました。

UES シャンブレーシャツの色落ち経過【リネン混が魅力】

UESとウエアハウスで生地はは違うものの、見ての通りの色の違い。いやー良い変化してくれたと思います。

購入したシャンブレーはウエアハウス定番ワークシャツのもの。

デニムと白シャンブレーは以前から愛用しており、シルエットに惚れこんでいるのです。

アウターとしても、スウェットのインナーとしても活用できるので、1年の中でも着用期間が長く楽しめるアイテムです。

デニムも良いけど、シャンブレーもおすすめ。

第3位 ウエアハウス リバースタイプスウェット

確か予約したのは2021年だったかな?

1年越しの入荷でようやくゲットできたのが、このウエアハウスのリバースタイプのフード付きスウェットです。

【WAREHOUSE Lot 486】リバースタイプのスウェットをゲットした

ウエアハウスのスウェットといえば、ふわっとライトな生地が特徴的だったですが、リバースタイプはこれまでの印象をガラッと変える、一言でいうと重量級。

これまでの定番品を好んで愛用している方にも一度は試して欲しいやつです。

第2位 レッドウィング アイアンレンジャー

第2位はレッドウィングでも高い人気を誇るアイアンレンジャーです。

だいぶ前にアイアンレンジャーの別タイプ、アンバーハーネスレザーが使われたものを履いていたことがあるのですが諸事情によりお別れ。

こちらの記事はブログを始めたばかりの頃なので、結構前ですね。

REDWING アイアンレンジ【エイジングが超絶かっこいい】

2021年にレッドウィング熱が再燃してくると、やっぱり恋しくなり購入となりました。

レッドウィング1907とは使用されているラスト(木型)が違い、アイアンレンジャーのそれは私の足にとっても合うのです。

あとは単純に形がカッコいいですね。ソールにちょいと硬さはあるものの、普通の革靴履いてるような感覚です。

エイジングが進みやすいと言われる、スウェード系のレザーなのでこれまた楽しみな逸品。

もう少しエイジングが進み次第、ブログの更新をしてみようかと。乞うご期待!

第1位 ウエアハウス カバーオール

2022年の第1位はもうダントツでこれですね。

もう見た目がカッコ良すぎて、受注開始とともに「これだ!!」と思ってすぐに予約したのを覚えています。

どんなアイテムでも予約する時、買った時はワクワクするもんですが、その気持ちは今でも変わらず持ってるだけで嬉しくなるのはあまりないですよね。

店員さん曰く、予約が殺到したらしくかなりレアなアイテムだそうで、確かにフリマアプリ見てみても結構高値がついてます。売らんけど。

WAREHOUSEの新作カバーオールでデニムとは一味違う色落ちを体験してみよう。

ヘリンボーン生地なので数回洗濯しただけでも楽しみな経年変化が出てきてます。こちらももう少し進んできたら更新しようと思います。

 

それでは2022年もデニ部にご訪問いただきありがとうございました。2023年もともにアメカジを楽しみましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Translate »