• 運営者情報
  • HOME
  • 運営者情報

こんにちは。デニ部を運営しているTAKEと言います。

当サイトに足を運んでいただき本当にありがとうございます。

このページでは、私がどのような気持ちでサイト運営しているかなどをサクッとお伝えできればと思います。

 

デ二部を始めたきっかけは、ジーパン熱をぶつける先がなかったから。そう、身近な存在である妻もジーパン変態な私を相手にしてくれません。

SNSも少しやってましたが「情報量が足りんわ!ブログしてみよ!」といった感じで、始まりは大したことない理由ですが、今ではアメカジの面白さが広がればと思いながら運営しています。

私がジーンズにのめり込んだきっかけ

以前の私は、こだわって買っていたかといえばそうではなく、普段着として「合わせやすいから好き」とかその程度のレベルでした。

そんな私がジーンズにのめり込んだきっかけは「良いジーンズが欲しいな〜」といった漠然とした気持ちです。

 

自分が納得できるジーンズを求め出した私は、ドメスティック系、欧州ブランド、その他諸々のジーンズを手当たり次第に穿いてみました。

しかし、悪くはないけど面白みに欠けるような気がして「これだ!」と思えるジーンズにはたどり着けませんでした。

 

なぜアメカジブランドのジーンズを穿くまでに遠回りしたかと言えば、知ってはいたもののお店の雰囲気から敷居が高いように(わかってくれる人が買ってくれればいいみたいな雰囲気?)思えて、なんとなく手を出しにくい感じがありました。

「俺みたいな小僧が入って大丈夫なお店なんかな?」みたいな。

 

今でも初めてアメカジショップに行って、扉を開ける瞬間にドキドキしたのを覚えています。

さぁ高揚感と緊張感を抑え、店内にイン!

 

実際に店員さんと話をしてみるとそれまで感じていたイメージとは一転、1着の服に対するこだわりや着用アドバイスを聞くうちにどんどん引き込まれ、そこで買った1本のジーンズをきっかけに『着て経年変化を愉しむ』ことに魅了されていきました。

  • 穿くたびに馴染んでいく生地
  • 経年とともに変化していく糸やパーツ
  • 自分だけの色落ち

他のジーンズでも味わえないこともないことですが、こだわりのジーンズは生地や部材一つにしてもひと味も二味も違うなと感じました。

ここが私のジーンズ愛に火をつけたスタート地点です。

デ二部が伝えられることとは?

ブログを始めた理由は冒頭でもお伝えした通り「ジーパン熱をぶつける先がなかった」からです。

スタートした2019年4月当初のアクセス数は、月に30(「もしかしてほぼ自分?」)とかでしたので自己満足もいいとこでしたが、アクセス数が増えるとともに『どんな価値を提供できているか?』という責任も少し感じています。

 

読みやすく分かりやすい文章や写真など、もっと改良できるポイントはたくさんあると思います。

しかし、今私がブログ運営で大切にしているのは『一歩踏み込んでいるか?』ということでして、私自身の根底にある1ユーザーとしての『もっと知りたい!』という気持ちがきちんと反映されているかどうかです。

 

物と情報に溢れている時代に、無数にある中から自分が心から愛せる製品を探していくのは大変な作業ですよね?

比較という作業を例にすると、私が欲しいのは誰にでも書けるようなスペックの比較ではありません。

『一歩踏み込んだ情報』こそが、私自身が1ユーザーとして欲しかった情報であり、ブログを運営している意味なのではないかと思っています。

例えばこの記事とか、

デニム用洗剤のおすすめは?【5種類使って比較してみた】

 

他にもこんな記事とか、

デニムを糊付けしたら、その後どうなるかを検証してみる【長期レポ】

 

このような記事を作るとなると、好奇心で始めてみたものの結構時間がかかるので、「何やってんだ俺?」と思ったことは正直言って数えきれません。

しかし、ペースや期限も命令もないからこそ自由に出来る。

自分自身が本気で『楽しそう!』『知りたいな!』と思えることを突き詰めながら、今後も発信していきたいと思っています。

ブログを通じて魅力を広げたい

こだわりのジーンズがお好きな方ならよく分かると思いますが、かなりコアな世界だと思っています。

ジーンズ見てニヤニヤしてる私をもし知らない人が見たら、変態なヤバイ人に映ることでしょう。しかしですね、今でもジーンズやこだわりの服を眺めたりする時間がとてつもなく楽しいのです。

そんなこんなで長くなってしまいましたが、私自身が楽しみながらブログを書いた結果、ファッションに興味を持ってくれる人が1人でも増えてくれたらなと願っています。

 

インスタグラム(@take01140)もやってますので、フォローよろしくお願いします!