レッドウイング アイアンレンジ エイジング

REDWING アイアンレンジ【エイジングが超絶かっこいい】

レッドウイングのアイアンレンジブーツについて詳しく見ていきたいと思います。

レッドウイングのラインナップでは、シュッとしたデザインに分類されるワーク系でもきれいめでもコーディネートしやすい万能なブーツであると思います。

今回の記事では…

  • アイアンレンジについて
  • ディテール解説
  • エイジング状況

などについて解説しています。

レッドウイングの中で超カッコイイと思っているブーツなので皆様におすすめしたい!じっくりとご覧くださいね。

REDWINGアイアンレンジとは?

購入日 2016年11月7日

現在は品番に変更があり、No8081となっています。

アイアンレンジとは、ミネソタ州北部にある鉱山地域の名称から名前が付けられています。

足先を保護するために、つま先に一枚革を付けた 「キャップドトゥ」がアイアンレンジの特徴的なディテールです。

現在のつま先を保護する安全靴といえば「スティールトゥ」が入っているのが一般的ですが、当時のデザインを復刻したものとなっています。

使用されるラスト(木型)は8番といわれる定番のラストです。

個人的には8番のラストが足に合っていて履きやすく感じます。

【キャップドトゥ】

アイアンレンジ エイジング
キャップドトゥ

ストレートチップとは違った4本のステッチが入っています。

足元のアクセントになって良いデザインですよね。

【フック付き】

アイアンレンジ
フック

アイアンレンジの特徴としてフックが付いてることも挙げられます。

上3つはフックに引っかけて着脱するようにできており、脱ぎ履きは多少しやすい印象です。

フックにきっちりとかけて履いてもいいし、シューレースをブーツに巻き付けて履くのもOKです。お好みに合わせて調整してみてくださいね。

【コルクソール】

コルクソール

ソールにはコルクソールが使われています。

履き初めは固いかなと思いましたが、今では歩きやすさを感じます。

普段の革靴と同じようなイメージで大丈夫だと思います。

アイアンレンジ

「キャップドトゥ」と「ソール」のおかげでキレイ目にも着用できます。

全体的にはシュッとしたデザインですが、つま先はぷっくりしていて そこが何とも言えない素晴らしいバランス感をもったブーツです。

日本よりもヨーロッパの方で人気のあるブーツだそうですね。

日本ではアイリッシュセッターが人気なのかな?

≪アイリッシュセッターの記事はこちら≫

 

ワイルドなエイジングが魅力の革【アンバー・ハーネス】

アイアンレンジ エイジング

アンバー・ハーネスとは、オイルをたっぷり含んだマットな質感のレザーです。

裏側から押すとオイルが移動するため、プルアップレザーと言われています。

革もプルアップレザーだけに比較的柔らかくなじみが良いため、靴擦れは少なかったと思います。 靴擦れが多い私にとってこれはとても大事なポイントです。

プルアップレザーのオイル感と柔らかさのイメージ

クロムエクセル>>>>>>>>アンバーハーネス>>ブッテーロ

このような感じです。オイル感や柔らかさに限って言えばクロムエクセルレザーがダントツですが、レザーのしなやかさも楽しむならアンバーハーネスレザーは良い選択と言えるでしょう。

履きこんでいくとわかりますが、とてもエイジングを感じやすいレザーです。 それではエイジング状況を見ていきましょう。

2年半履いたアイアンレンジのエイジング。

着用期間約2年半ですが、エイジングの様子を見ていきましょう。

アイアンレンジ エイジング

全体像。

この距離からみるとタンの部分のエイジングが際立っていますね。

指が曲がる部分には少し細かいのシワが刻まれています。

トゥの部分。

アップで見ると細かい傷もチラホラ。

そこにオイルを入れ、ブラッシングするとさらに何とも言えない表情になってきます。 傷さえもいとおしく感じますね。→(変態?)

タン

シュータンのエイジング。濃淡がつき始めていますね。

履けばシューレースによって自然と擦れてくる部分なので、エイジングがわかりやすい部分ですね。

ソール部分。

ソールも良く擦れる箇所なので濃淡がついているのが はっきりとわかります。

アイアンレンジに使用されているアンバーハーネスレザーは、濃淡のつきやすいレザーなので履くと日に日にエイジングを感じられるでしょう。

武骨なイメージあるブーツなので「メンテナンスは程々に…」が、カッコよくエイジングさせて穿きこなすコツだと思います。

それではメンテンナンス手順のご紹介です。

アイアンレンジのメンテナンスには・・・。

私が日頃行っているメンテナンスをご紹介します。

履いた日はその都度、馬毛のブラシでブラッシングを実施。  

クリームメンテナンスをする場合は、下記の手順で行っています。

  1. 全体的に入念にブラッシング
  2. クリームをタオルに少しつけて全体に薄く塗っていく
  3. クリームがなじむまで待機
  4. 仕上げのブラッシング

私が好きなのは「ツヤはあるけど派手ではないサラッとした質感」です。

レッドウイング定番のミンクオイルではなく、コロニルのクリームを愛用しています。

1つ持っておくとコードバンやカーフなど様々な皮革のお手入れに使えるので非常に便利です。

コロニルのシュプリームクリームでメンテナンスすると、このようなツヤ感になりますよ。

アイアンレンジ エイジング
メンテナンス後

絶妙なしっとり感とツヤ感。

おっと、よだれが出てきそうです。

【アイアンレンジ×ジーンズ】は最高のコーデ!

アイアンレンジ コーデ

アイアンレンジは、ジーンズとのコーディネートがおすすめです。

ワイルドさとキレイ目の良いとこ取り!

チノパンやミリタリーパンツでも合わせられますが、ジーンズとの相性が1番良いでしょう。

アイアンレンジのまとめ。

アイアンレンジ エイジング

とにかくカッコ良いの一言ですね。

アンバーハーネスレザーは変化を感じやすく、 履いていてとても楽しいレザーです。

ワイルドさの中にも色気を感じるデザイン。

文句なしです。

ホント買ってよかったと思います。  

主に秋~春にかけデニムに合わせて着用してきましたが、着用回数の割には十分にエイジングが進んでいます。

個人的には、中太~細めのデニムに合わせるのがお気に入りです。  

夏場はスニーカーやサンダルが中心になるのでその前に記録として 記事にさせていただきました。

購入検討中の方は、エイジングの参考になったでしょうか?

≪その他のブーツの記事はこちらからどうぞ≫

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。