UES Tシャツ

UESのTシャツは、ちょうど良い感じの古着の風合い。

本日は、UESのTシャツについてです。

大阪と東京に直営店のあるアメカジブランドで、

熱烈なファンのかたも多いブランドだと思います。

UES プリントTシャツ 「FLORIDA」

2018年モデルですが、購入日は忘れてしまいました。

UESのTシャツはこれしか持っていませんが、 メーカーによって生地感や風合いが違って面白いですよね。

個人的にはテロんとした薄手のTシャツよりもしっかりした生地が好みです。  

以前、アメカジブランドでは大定番で私も大好きな ウエアハウスのTシャツについて書かせていただきましたが 同じTシャツでも全く異なる風合いです。  

ではUESのTシャツを見ていきましょう。

(購入時の写真はありませんが、加工により最初から古着の風合いが施されています)  

色はブラックのように見えますが、ネイビーです。

UESのTシャツは、デジ綿とオーガニック綿がブレンドされています。

着用時の肌触りはカサっとしたドライな質感です。  

※デジ綿とは?

インド綿花で固く、繊維が太く短い。 弾力性・保温性・吸湿性に優れているのが特徴です。  

オーガニックコットンやスーピマ、スビン綿なんかはよく耳にしますが 、

デジ綿使ってるアメカジブランドは他にあるんかな?

あったら教えてください~!

首元とタグ。

タグも一緒に染まっています。

雰囲気ありますよね。

右側についている白いタグはサイズが表記されています。

首元アップ。

25㎜幅の3つ折りバインダーネック仕様です。

伸びやすい首周りの強度が確保されています。

色褪せする染料が使われているので購入時よりもやや退色しています。

プリント部分アップ。

ラバープリントで描かれています。

ウエアハウスのラバープリントに比べると細かくひび割れがおきています。

プリントも手に触れたときの質感が違いますよ。  

こちらがウエアハウスのラバープリントです👇

全然違いますよね。

どっちも良いんですけどね。

Tシャツ内側のタグ。

「WEAR WELL」=丈夫で長持ちといった意味です。

内側にこっそりあるタグもチラッと見えた時に嬉しい仕様ですよね。

 もう一度フロントアップで。

サイズ感はUESらしく、非常にタイトです。最初は!

正規店に足を運んだ際に

「伸びて良い感じにフィットするからこのサイズで」 と言われて購入したのを覚えています。

半信半疑で購入しましたが、結果大正解だったと思います。

とはいえ当初は少しピチピチでした(笑)  

なので私は、なじんでくるまでは寝間着で着用しました。

ある程度伸びて体型にフィットしてからは過度な伸びはありません。

今では大活躍しています。  

初めから良い感じの古着感だけどしっかり長く着られるように 作られているUESのTシャツ、良い感じです。

次回はもっと着込んで色褪せたくらいに書こうかな。  

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。