ウエアハウス デニムシャツ

ウエアハウス【色落ちを楽しむデニムシャツ】lot3076 TRIPLE STITCH WORK SHIRTS インディゴデニム

>>同じ品番の白シャツはこちらの記事をどうぞ!

ウエアハウス lot3076ホワイトシャンブレー

ウエアハウス lot3076【TRIPLE STITCH WORK SHIRTS】

購入日は忘れてしまいました。

ウエアハウスlot3076 デニムシャツ
lot3076

シンプルな見た目のワークシャツ。

ミリタリーパンツやチノパンの時にさらりと着れて大活躍のシャツです。

では深く掘り下げながら見ていきます。

ウエアハウスのデニムシャツとは?【lot3076】

デニムシャツの元ネタの話・・・

アメリカの「シアーズ」という百貨店が展開していた

ワーク系ブランド「ヘ〇クレス」のワークシャツをモチーフに作られています。

→ビンテージでは、ストア系ブランドと呼ばれたりしています。

ビンテージシャンブレーでは人気で値段が高騰!

デザインもシンプルですし、

ややゆったり目のサイズ感で気軽に羽織れるのがお気に入りポイントです。

使用されているデニムはライトオンスのデニムなので、

よほどの暑さにならない限り着用可能です。

ウエアハウスが展開している同じ品番では、

デニム以外にもシャンブレー、ブラックシャンブレー、ホワイトシャンブレーがあります。

個人的にはかなり着やすいため春先から夏にかけて着用頻度が増えるデニムシャツです。

同じ品番のシャンブレーシャツを買い増しを検討中!!!

デニムシャツのディテール解説。

小ぶりな襟

襟部分、ピンボケしてしまいました。

若干ですが色落ちが始まっていますね。

チンストラップは付いていないシンプルな襟元。

私はこのようなシンプルな襟元が好みです。

一般的なシャツに比べると、襟もやや小ぶりのように感じます。

スウェット等のインナーにも着用しやすいシャツです。

トリプルステッチ

糸の沈め方や巻き幅なども再現して生産されています。

頑丈なトリプルステッチ、あまりパッカリングは出ていませんね。

ビンテージの実物は見たことないですがウエアハウスがそうしているなら、そうなのでしょう。

乾燥機にかけたらパッカリングはもりもりになりますが、

縮みが心配なので今回は実施しません。

袖部分、やはり擦れやすい部分なので色落ちの進み方が顕著です。

うねりに沿って色落ちが進んでいます。

キュンキュンなポイントです!

袖の裏側

トリプルステッチの裏側です。

3本のうち両サイドの2本が水色の糸です。

腕まくりをした時にちらっと見えるのが自己満ポイントです。

ミミ付きのマチ

もちろんセルビッジのマチ付き。

糸が出ているのも好きなディテールです。  

まだ所々毛羽立ちが残っており、色残りも十分あります。

擦れやすいところだけ色落ちが進んでいる状態ですね。  

春先の着用が多い1枚なのでしっかりと着こんでいきたいと思います。  

デニムシャツのコーディネートについて。

コーディネート

デニムonデニムにやや抵抗のある私。

トップスがデニムの場合は、ボトムスにはミリタリーパンツかチノパンで合わせるのが好き。

ウエアハウスのlot3076ワークシャツはデザインがシンプルなので、ミリタリーパンツの方が相性が良いと思います。

>>ミリタリーパンツの記事はこちらです。

デニムシャツの色落ちについて。

色残り8割といったところなのでこれからがますます楽しみな1着。

焦らず気長に付き合って経年変化を楽しんでいきたいと思います。

別の話ですが、今年の夏はインディゴTシャツにもチャレンジしたいな~と思っています。

購入頻度に対して完全に色落ちが追いついてない。

デニムonデニムが得意ではないにも関わらず、トップスのインディゴ系が増えていく。。。

まぁいいか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。