ウエアハウス 直営店限定

【直営店限定】WAREHOUSEのスウェットが超絶カッコいい。

この時期になると毎年楽しみにしているウエアハウスの直営店限定スウェット。

私が所有しているスウェットで特にお気に入りのモデルについて深堀りしていきたいと思います。

※2018年の直営店限定スウェットです。

今回の記事では…

  • ウエアハウスの直営店限定スウェットについて
  • スウェットのディテール解説
  • 2019年の限定スウェットについて

などを中心に書いています。

お好きな方はじっくりとご覧くださいね。

直営店限定スウェットとは?

ウエアハウスがここ数年、毎年リリースしている直営店でしか買うことのできない限定モデルのスウェットです。

過去に存在していたビンテージスウェットを忠実に再現しているモノが多く、こだわりようが半端じゃない一品です。

→『Lightning Archives』を読むと「ほぉ~!これか!」となります。過去に再現されたモノなども掲載されていますので、スウェット好きな方はぜひ一読を。

昨年は、フェルトを多用したスウェットと、ドルマンスリーブという袖付けの縫製が独特のスウェットの2型がリリースされました。どちらも欲しかったのですが、資金不足で泣く泣く断念しました。

フェルトプリント系のスウェットが多い印象なので、お好きな方は要チェックですね。

ディテール解説

色は、ナスコンを少し明るくしたような色味。

このスウェットを再現するにあたり新たに作ったそうです。

丸胴

ビンテージレプリカ系スウェットでは定番の丸胴仕様のボディです。

サイドにつなぎ目がないため、着心地が良いといわれています(1枚で着用するわけではないのでそこまで恩恵はないかもですね)

両Vガゼット

2本針で縫い付けられた、はめ込み式の『両Vガゼット』です。この辺りのディテールは抜かりがないですね。

セットインスリーブ

普通袖とも呼ばれる『セットインスリーブ』という袖付け方法です。

≪セットインスリーブについてはこちらの記事に詳しく書いていますので、興味のある方は合わせてご覧くださいね≫

 

筒状リブ

縫い目が手首に当たらないのでソフトな着心地が特徴である、筒状のリブが採用されています。

着ればすぐに縫い目のあるスウェットとの違いが実感できると思います。

裏起毛

ウエアハウス特有のふんわり軽やかな裏起毛は、まだ着用回数が少ないのでふわっふわです。

起毛がつぶれてタオルケットみたいになるころには、スウェット表面の経年変化も進んで良い感じになっているでしょうね。

フェルトプリント

表と裏の両方にフェルトプリントがありますが、背中側のプリントにチェーン刺繍が施されているのが最大の特徴です。

どこがチェーン刺繍になっているかわかりますか?

少しズームアップしてみてみます。

ボクシンググローブの中の刺繍がチェーン風になっています。

芸が細かいですよね。

こんなデザインが実在したなんて、本当にスバラシイ。

裏側から見るとスウェット生地には縫われていませんので、あらかじめフェルトにチェーン刺繍を施してから縫製されています。

手が込んでます。。。

着用すると・・・

デニムジャケットと合わせてみました。

青系のボディ×黄色のプリントは定番の組み合わせですが、黄色が映えていいですよね。色味が暗くなってしまいがちな冬のコーディネートにアクセントを加えることができます。

私はこのようにミリタリーパンツと組み合わせたり、ジーンズと合わせたりしています。

スウェットのおすすめピックアップ

ウエアハウス

ウエアハウスの定番スウェット2品番についての記事です。

ディテール比較も行っていますのでぜひ。

 

クッシュマン

スウェットが有名なクッシュマンのフリーダムスリーブスウェットについての記事です。

丈夫で長持ちする生地ともちもちの裏起毛は唯一無二!?

 

ダルチザン

ダルチザンが展開している高級綿スヴィンゴールドを使ったスウェットについての記事です。

針抜きリブなどのビンテージスウェットのディテールも満載!

人とは違うスウェットが欲しい方はこちらをご覧くださいね。

 

アメカジスウェット特集

 

個人的にスウェットは大好きなアイテムの一つで、色々なブランドのモノを着て試しています。当ブログで記事にさせていただいているモノの中から読者様のお好みのスウェットが見つけられれば幸いです。

2019年の直営店限定スウェットは?

文章だけで表現するのは難しいのですが…

  • 両Vのハーフジップ(杢グレー・オートミール)
  • フェルトプリント(黄緑色ベース)

私の記憶が正しければ、上記の2タイプであったと思います。

両Vのハーフジップはかなり珍しい一品だそうで人気が出そうです。

フェルトプリントに関してはご説明した通り、手の込んだスウェットです。

気になる方はぜひ直営店に問い合わせてみてくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。