ウエアハウス 大戦デニムジャケット

【DD-S2001xx】ウエアハウスの大戦デニムジャケットがやばい

ウエアハウス2019秋冬コレクションのわたくし的、超目玉商品である『大戦モデルのデニムジャケット』を購入しましたので早速記事を作成しました。

発売されてまだ間もないのですが、アメカジショップでは完売になっている所もあるほど人気の高いアイテムになっています。

※2019年12月12日時点、公式オンラインショップではSOLDOUTです。

今回の記事では・・・

  • ウエアハウス DD-S2001xxのディテール解説。
  • 新生地についての考察。
  • 大戦デニムジャケットのコーデ。

などを中心に作成しています。

  

実際に見て・触れて感じたのは「そりゃ人気出るわな~」と言いたくなるほどの完成度の高さと雰囲気の良さです。

かなりおすすめのGジャンなので、じっくりとご覧くださいね~!

WAREHOUSE 大戦デニムジャケットの特徴

WAREHOUSE デニムジャケット 大戦

品番【DD-S2001xx】の ”S” については、簡略化された( Simplefied )の頭文字の ”S” がつけられています。

≪大戦モデルのざっくりとした特徴は…≫

  • フラップなしのポケット。
  • フロントボタンが4つに簡略化。
  • 月桂樹ボタン
  • 新開発された、6.7番×6.6番のWW2モデル生地を使用。

新生地についての考察は、ブログ中盤で行っています。

 

それでは細かくディテール解説をしていきます。

小さめの襟

ウエアハウス 大戦モデル

ファーストタイプの特徴である小さめの襟。

当然ですが「ピンっ」とならない分、ワークな雰囲気ですね。

飛び出ている糸も雰囲気を高めてくれていると思っています。

 

パーカーなど首元にボリュームの出るアイテムとも合わせやすいため、個人的にお気に入りの仕様です。

革パッチ

WAREHOUSE 大戦

直営店予約の初期ロット限定の革パッチです。

通常ロットはエイジング加工革パッチになります。(下の写真)

WAREHOUSE Gジャン

エイジング加工革パッチもカッコいいので、正直言うとどちらでも良かったかなと。

せっかくなので革パッチのエイジングも楽しみたいと思います。

フラップなしのポケット

大戦 デニムジャケット

大戦モデルの大きな特徴である『フラップなし』のポケット。

大戦下の物資統制により、簡略化されたことにより生み出されたディテールの象徴ともいえる存在。

これが意外とシンプルな見た目でいいんですよ。

ドーナツボタン

大戦Gジャン

今回の大戦モデルでは、フロントボタン4つ・袖口に2つに月桂樹ボタンが使われています。

サビてくるとまた雰囲気が上がりますのでとても楽しみですね。

赤タブ

WAREHOUSE 大戦

上下に白い線が入る赤タブ。

私は見たことありませんが、このようなタブがビンテージでも存在したそうな・・・。

ボタン裏

WAREHOUSE 大戦

ファーストタイプの特徴である、ぷっくりとしたボタン裏。

プリーツ

WAREHOUSE 大戦

ファーストタイプとセカンドタイプの特徴である『アクションプリーツ』です。

ワークウエアとしての『機能性』を高めるために備わったディテールですね。

 

まじまじと観察していて 「横幅短くないか?」 と思ったのです。

そこで計測してみました。

≪大戦モデル 横幅3㎝≫

WAREHOUSE 大戦

≪通常ファーストタイプ 横幅4㎝≫

WAREHOUSE Gジャン

やっぱり大戦モデルは、1㎝短かったです。

シンチバック

WAREHOUSE 大戦

シンチバックは『刻印入りの針刺しシンチ』が使用されています。

グサッといくのも良し、そのまま着用するのも良し。

私はどうしてやろうか考え中です。

リベットの刻印について

【刻印なし】

WAREHOUSE 大戦

【刻印あり】

WAREHOUSE 大戦

シンチバックのリベットの左右を写真に収めてみました。

右側だけ刻印ありのリベットが使用されています。すんごいマニアックなディテールですね。

ちなみに、胸ポケットと袖のリベットも刻印なしでした。

  

お恥ずかしい話、私は全く気づかなかったのですが『Instagram』でお友達のヒロシさんが見つけてブログで紹介していたのを拝見しまして、自分のも確認した次第です。

→ヒロシさんのブログ『ヒロシのデニム日記』もぜひ。デニム愛がビンビン伝わってきます。

WAREHOUSE 大戦

ちなみにリベットの裏側は、いずれも刻印入りでした。

新生地について

左が大戦モデル、右が購入してから約1年経過で1回洗ったファーストタイプです。

≪大戦モデル≫

  • 新開発 WW2生地
  • 約14oz 6.7番×6.6番
  • 色味 どす黒い

≪ファースト≫

  • 定番バナー生地
  • 13.5oz  7番×7番
  • 色味 やや青っぽい

色味が全く違いますね。

大戦期の生地とは

大戦下のもとで生産された ”S501xx” の色の濃い風合いが再現されています。

また、物資統制下であったためにパーツの簡略化が行われたので、せめて生地だけでも ”しっかりと” ということでリーバイス社がコーンミルズ社に依頼して生地のオンスを上げたという話です。

こういった話にはロマンがありますよね。レプリカのデニム製品を着用する際の個人的なお楽しみポイントです。(安ジーンズやハイブランド物にはストーリーがないですからね)

 

ただ大戦時は様々なディテールのデニムが生産されていたのも事実です。(代表的な例が、ポケットのスレーキやリベットの有無、フロントボタンの形状など)おそらく、生地も様々なオンスや種類の物があったでしょう。

ビンテージジーンズの再現性という点では最高峰だと思うウエアハウスが作る、レプリカジーンズですから現存するビンテージジーンズの ”その1本” に近い生地感や風合いで作られていると思います。

しかし、物資統制下の歴史的背景もありますから、大戦期の生地=こんな感じ。という解釈よりも、大戦期の生地=こんな風なのもあった!という認識の方が良いのかなと思いました。

 

ちょっと考えすぎですね(笑)

もっと単純に楽しむべし。

生地感について

※左が大戦モデル。右が定番のバナー生地です。

色に関して言えば、比べて見るとよくわかりますがかなり濃いめです。染料を濃いめにして中白の糸にしているため、今まで以上にメリハリのある色落ちになるそうです。

使用されている綿花は明かされていないのでわかりませんが、ドライな肌触りが特徴の綿花では?勝手に思っています。

オンスの割には厚みを感じますが、硬さはあまり感じないので馴染みのよさそうな生地感です。

コーディネート

Gジャン コーデ

※175㎝65㎏で、40サイズ着用。

普段のジャストサイズは、38なのですが今回はゆったりめに着用できるようにサイズアップしました。

武骨な雰囲気が増したので、サイズアップして正解だったと思います。

  • デニムジャケット DD-S2001xx 大戦モデル
  • スウェット Lot.403 セットインフリーダム
  • ボトムス Lot.1097 モンキーパンツ

見事に全身ウエアハウスです。

コーディネートは随時追加していきます。

≫アイテムの記事はこちらからどうぞ。

 

新作の大戦モデルは『買い!』

今回の大戦モデルは、生地感・ディテールともに完成度の高いGジャンに仕上がってます。ズバリ『買い!』です。

新生地の色落ちもめちゃくちゃ楽しみですので、メリハリを付けるために1シーズンか2シーズンほどしっかり着用してから、セカンドウォッシュしたいと思います。

武骨な大戦モデルですので、少しラフに着用するのがおすすめですよ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。