ワークマンで防寒インナー買ってみた【安さ・質はどうだ?】

話題のワークマンで初めてお買い物をしてきました。

私の目的は現場仕様のスペックを持ち、抜群の性能とコスパを誇ると評判の防寒インナーです。

 

防寒インナー目的で買い物しましたが、結論から言っちゃうと『靴下』が最高!コスパ最強です。

「気になってるけどまだ行けてない!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ワークマンで防寒グッズ買ってみた

初ワークマンで右も左も分からずに購入してみたのはこちらの3種類。

  • ブロックフリース
  • コンプレッションインナー
  • 靴下3足組

一応トップスに関しては、アウトドアでも日常でも使いやすいように速乾性重視でポリエステル素材のものを選びました。

さて、合計金額は・・・!?

何とこれだけ買っても2,540円。

 

アウトドアブランドでコスパ最強と名高いモンベルでも、同じようなトップス2種類と靴下3足買えば1万円前後はするでしょう。

恐るべしワークマン。

ただ、いくら安く買えても使えなきゃ意味がありません。その辺はシビアに判断していきたいと思います。

ブロックフリースハイネック

ブロックフリースハイネック

まずはワークマン注目の商品であるブロックフリースからチェックしていきます。

ブロックフリースといえば、アウトドアの超有名企業のP社が有名ですがワークマンの実力はいかに!?

6種類のカラー展開があり、こちらは杢(もく)グレーです。

両肩には反射プリントがついているので、夜間に1枚で着ていても視認性を高めることができるようになっています。

背中にも反射プリントが入っています。

 

それでは実際の作りをしっかりとチェックしていきましょう。

ハイネック の部分は通常の素材で、縫い目が出っ張ってるのでゴロツキがきになる方は注意が必要かと思います。

肩の部分の縫製も生地が分厚く飛び出ています。

重たいザックを長時間背負うようなアクティビティーをする方は、気になるかもしれません。(アウトドアメーカーの商品ですと、縫い目が肩のトップからズレていたり、平らだったりしますね)

モンベルのインナーどっち買う?【ジオライン・メリノウール徹底比較】

 

肩周りや袖も縫い目が飛び出ている感じです。

唯一フラットシーマなのは脇の部分です。

フリースのブロック形状をアップで撮影してみました。

980円ですごいと思います。

 

ここからは着用感をレビューしていきます。

175センチ63キロ、Lサイズでややゆったり目のサイズ感だと思います。

肌着はなしでそのまま着用してますが、着た瞬間から感じる暖かさはすごいと思います。かなり暖かいです。

ただ気になるのはシルエットです。

私自身の体型が原因でもありますが、身幅と腕がダボダボです。

パーカーの中に着てみるとかなり暖かいです。

暖房がついている環境で暑がりの人なら、汗をかくレベルなんじゃないかと思います。

 

ただスポーツで使うということを考えると、

  1. 体温調整しにくい(ジッパーがない)
  2. シルエットがゆったり
  3. 縫製がゴロゴロする

以上の3点がやはり気になります。

スポーツ向きというよりも普段着やリラックスウエアとしての利用方法が最適かと思います。

 

とはいえ980円でこの暖かさが手に入るのはコスパ最強なんじゃないでしょうか?

ということで早速、寝巻きとして活用しています。

ワークマン公式サイト:ブロックフリースハイネック

 

ピーチ起毛クルーネック

ピーチ起毛長袖クルーネック

ワークマンならコンプレッション系インナーが780円で手に入るなんて凄すぎじゃありませんか?

ということで購入してみましたが、こちらは失敗だったかと思います。

ラグランスリーブにフラットシーマと、縫製方法としては快適性を兼ね備えていると思います。

脇下は切り替えになってますが、生地は同じです。

伸縮性も申し分なしです。

商品名の通り裏地がしっとりとした起毛になっています。

暖かいのですが、着脱の際の静電気があまりに酷いので、私には合わないかなという印象です。

着用するとこんな感じです。

万人に対応するフィット感は難しいかも知れませんが、コンプレッションウエアの割には腕と脇腹のゆとりがあります。

 

暖かさは感じるインナーですが、静電気が苦手な方や細身体型の方は合わないかも知れませんね。

ワークマン公式サイト:ピーチ起毛長袖クルーネック

 

ヒートアシスト靴下(5本指)

フルクッションパイル靴下 5本指 3足組

オシャレに靴下を合わせている方も多いですが、私は靴下のオシャレの仕方がわからないのです。

前置きしておきますと、ユニクロの靴下を履いていることがほとんどです。

なので消耗品として割り切って購入してましたが、穴が空きやすくフィット感が物足りないのが悩みでした。

また、ヒートテック靴下も使ってますがそこまで暖かく感じないのでワークマンで購入してみた次第です。

 

手持ちの靴下と金額を比較してみましたのでご覧ください。

左から順に、ワークマン・ユニクロ・モンベルです。

メーカー1足当たり(税込)
ワークマン260円
ユニクロ429円
モンベル1,540円

やばすぎるでしょ、ワークマン。

 

ちなみに5本指ソックス派です。

指の開放感を味わうと普通の靴下が不快すぎて戻れません。普通の靴下も持ってますがほとんど出番がないですね。

 

話を戻しまして、モンベルの靴下が飛び抜けて高いのは素材の違いです。

メリノウールはすごく快適なので、登山をはじめとした運動する時に使う分にはいいですが、日常生活の消耗品としてはちょっと割高だと思います。(※あと耐久性がない)

この通り、真ん中のユニクロの靴下はパイル仕様じゃないので薄い生地ですが、ワークマンの靴下はフルパイル仕様なのでふんわりしています。

ということで、履き比べしてみました。

ワークマン フルパイル靴下3足組

指先が余るかなと思いながら購入しましたが、アーチのところが伸縮性の高い作りになっているので思っている以上にフィット感は悪くないです。(※優しいフィット感)

あとフルパイルが良いですね。

冬の冷たいフローリングの上で撮影していますが、冷たさをあまり感じません。

 

耐久性はわかりませんが、値段からすればかなり良い靴下だと思います。

ユニクロ 5本指ソックス

指先のフィットしない感がいつもの感じといいますか・・・。

あとズレ落ちやすいですね。

薄めの生地なので、ビジネスシューズを穿く時は良いんですけどね。

モンベル メリノウールソックス

フィット感・肌触り・暖かさを高いレベルで体感することができます。

やはり履き心地は最高です。

快適に過ごすせますがコスパは良くないので、やっぱり運動する時や旅行用にしようと思います。

ワークマンの靴下はかなり良い印象です。

コスパ的にもユニクロで靴下を買うことはもうないでしょうね。

こんな感じでワークマンの靴下を絶賛しましたが、ほつれのようなものを発見してしまいました。

とはいえ切っちゃえば問題ないですし、3足780円なのでね。

ワークマン公式サイト:フルクッションパイル靴下 5本指 3足組

 

ワークマンでのお買い物の総括

初めてワークマンでお買い物をして一番満足度が高かった商品は、 フルクッションパイル靴下 5本指 3足組 です。

耐久性についてはわかりませんが、おそらく普段履きで他の靴下を買うことはもう無いでしょう。

ブロックフリースも普段着としては十分な性能を兼ね備えているので、購入して以降は寝巻きでスウェットの下に着ています。

 

色んな商品があり安くて楽しかったので、また行こうかとも思ってますが、私が行った田舎のワークマンでも作業着のお店とは思えぬファミリー連れや若い世代のご来店で『密』の状態でした。

ものすごく人気なので仕方ないですが、急ぎじゃないならオンラインショップで買われた方がいいかも知れませんね。

 

 

高機能インナーをお探しならこちらのページもご覧くださいね。

冬インナー頂上決戦?【ジオライン・メリノウール・キャプリーン・ヒートテック・綿Tで速乾性対決】

 

モンベルの手袋は用途に合わせて使いやすい!【おすすめの4種類をご紹介】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Translate »