ウエアハウス Tシャツ 4601

WAREHOUSE lot4601 杢グレー 【定番だけど超おススメのプリントTシャツ】

WAREHOUSE lot4601【杢グレーの定番Tシャツ】

ウエアハウス Tシャツ

以前にも記事にさせていただいた定番Tシャツlot4601ですが、

今回は定番Tシャツの杢グレーです。  

定番品なので毎年違ったプリントが出るのでとても楽しみにしています。

今回書かせていただくTシャツは去年購入したモノになります。

WAREHOUSE札幌店オープン1周年記念Tシャツです。

首回りはバインダーネック。

しっかりと丈夫に作られています。

前下がりのネックラインではなく、最初は少しだけ詰まったような感じ。

自然に伸びてちょうどよい具合になっていきます。

→(最初に着るときに少しネックを引っ張るとちょうど良い感じになります)

胸に大きく描かれたステンシルプリント。

とにかくカッコ良いです。

かすれ具合の雰囲気がなんともいえない表情です。

「W.H.C」=「WAREHOUSECOMPANY」ですね。

ウエアハウスは、ロゴが全面に入った製品を作らないそうなので貴重なTシャツ。

ここ最近は福岡店や有楽町店のオープン時にもロゴ入りTシャツが生産されていましたね。

そっちも買えばよかったと今さら後悔。。。

生地の表面のアップです。

グレーと黒っぽい色がまじりあっています。

生地の裏面。

ふんわりとしています。

肉厚だけど、柔らかくふんわりが最高のバランスのTシャツです。  

そもそも杢グレーとは?

「モクグレー」と読み、

別名では「霜降り」や「ヘザーグレー」と言われています。

濃い色と薄い色が入り混じったような色合いのことで、ムラ感のある表情が特徴的な生地です。

霜降りTシャツといえば、ビンテージチャンピオンのTシャツが有名ですよね。

>>チャンピオンの霜降りTシャツの記事はこちら

アメカジTシャツに多く使われている、ステンシルプリントとは?

ステンシルとは?

型染のこと。型紙の模様を切抜いた部分に染料絵具を摺り込む染色版画技法。きわめて初歩的な技法であるが,デザイン,版画およびフランスなどの美術印刷ではいまでも一部でこの方法が用いられている。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AB-84281

ウエアハウスのステンシルプリントが素晴らしいのは、

なんといってもプリントのかすれ具合!

Tシャツでもスウェットでも雰囲気むんむんです!

経年変化はわかりにくいかもですが、

ウエアハウスのステンシルプリントは着始めから最高の雰囲気に仕上がっています。

ウエアハウスの杢グレーTシャツのまとめ。

ウエアハウスの杢グレーは、

同じlot4601の別カラーよりさらに柔らかくふんわりとした着心地になっています。

ファンが多いのもうなずけます。

本当に着心地が良い!

今年もいっぱい着ようと思います。  

実は、もう1枚杢グレーのプリントTシャツが欲しいな~と思っているのですが、、、

今年は予約してあるTシャツが1枚あるのと、

インディゴTシャツにチャレンジしようと思っているのと、

無地のポケTも欲しい。。。  

あぁ~止まらぬ物欲。。。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。