ウエアハウス アーミーハット

ウエアハウス アーミーハット【デニムハットで夏を楽しもう】

購入日 2019年5月5日

先日、妻にアーミーハットを買ってもらったので今日はその記録を。

昨日キャップの記事を書いたので帽子続きですがお付き合いくださいませ。

デニムアーミーハットとは?

ウエアハウス デニム アーミーハット
アーミーハット

正式名称「US ARMY M37 DENIM HAT」

オリジナルは、ビンテージ市場でも数が少なくなっておりなかなかお目にかかれない貴重なお品です。

実物はお高く手が出せません。。。

「M37」は6枚パネルですが、ウエアハウスのアーミーハットは4枚パネルです。

4枚パネルのデニムハットは「デイジーハット」と呼ばれビンテージ市場で人気があります。

おおよそ、1930年~1940年代に登場したアイテムです。

アーミーハットのノリ落とし【洗濯の様子】

今回は未洗いの状態で購入しました。

記録として写真を。

ワンウォッシュで雰囲気がガラッと変わりますのでご注目!

デニムハット ウエアハウス
未洗いの状態
ワンウォッシュ後

ワンウォッシュで雰囲気がモリモリになりましたね~。

めちゃくちゃカッコいい!!!

ツバのステッチに沿って波打つようについたうねりがタマラナイ。

では私が行った洗濯方法を見ていきましょう。

洗濯の様子。

ノリ落としの方法は・・・(今回は手洗いで)

  1. 50~60度のお湯に30分つける
  2. 少量の洗剤で軽く洗う
  3. しっかりすすいで干す

超カンタンな3ステップ!

次回からはジーンズを洗う時に一緒に洗濯機にインして洗っていきます。

「おぉー!インディゴめっちゃ出たー!」

って言いたかったのですが、水が薄く青っぽくなる感じでした。

私の大きい頭でも大丈夫でした!【乾燥前に行う秘技】

ウエアハウスの店長さんに教えてもらった秘技をレクチャーします。

頭が大きめな私(大きい私)、実は洗い後のサンプルだとややきつかったのです。

そこで教えてもらったのが、

洗って濡れている状態で内側から広げるようにして引っ張ると伸びるよ

おぉー!!!

帰宅後、教えてもらったとおりに実践っ!

濡れている状態で、伸ばす!伸ばす!伸ばーす!

結果は・・・見事に良い感じのジャストサイズになりました。

ありがとう店長!

ちなみにメーカー記載の頭周は、ノンウォッシュ60㎝、ワンウォッシュ58㎝です。

もしデニムハットを被りたいけど、サイズ感で悩んでいた方はぜひやってみてください!

ウエアハウスのデニムハット【ディテール解説】

ウエアハウスのデニムハットのディテール解説をしていきます。

4枚パネル

ハットをひっくり返して撮影した写真です。

4枚のパネルで構成されているのが良くわかると思います。

生地はテープで補強されており、テープに沿ってアタリがついていきます。

菊穴

パネル1枚ごとに1つ開けられている菊穴。

ビンテージミシンによって開けられています。

※菊穴とは?

通気性を確保するためのディテールです。

タグ

ダックディガー名義のタグが縫いつけられています。

内側から見てもステッチに沿って生地がうねり、良い感じ。

ツバのステッチ

無数に走るステッチと、生地のウネリ。

良いアタリと色落ちが期待できそうですね!

ちなみにウエアハウスのデニムハットは、帽子専用の工場では作られていません。

ワークウエアと同じ工場で生産することで独特の雰囲気を出すようにしています。

デニムハットのコーデ【ミリタリーでもジーンズでもOK!】

https://www.instagram.com/p/B0K9QkQFkAT/

デニムハット×モンキーパンツのコーディネートです。

とちらもミリタリー系のアイテムだけあって良い相性です。

https://www.instagram.com/p/B0vvvchJAyo/

デニムハット×デニムショーツの組み合わせ。

ピンクTが入ることでデニムの色合いも引き立ちますね!

デニム素材は合わせやすいのでコーディネートには困らないと思います。

ウエアハウスのデニムハットまとめ。

今回は未洗いで購入しノリ落としを行いました。

最近は洗い済みの製品ばかり購入していたので久しぶりでした。

ノリ落としの儀式は楽しいもんですね。

より一層愛着がわくように思います。  

ワンウォッシュだけでも良い雰囲気なのでこれから先のエイジングが楽しみな一品です。

休日中心にはなりますが、服装のテイストに合わせてキャップとハットを使い分け、

手放すことの出来ない相棒にしていきたいですね!

>>デニムキャップの記事はこちらをどうぞ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。