ウエアハウスインディゴTシャツ

WAREHOUSE lot4053 インディゴポケットTシャツ 【ファーストウォッシュの記録】

今シーズン絶対に買おうと思っていたインディゴTシャツをゲットし、ファーストウォッシュしたのでその記録です。

定番Tシャツのlot4601より身幅に大きく縮みが発生することや、多少取り扱い上の注意点などもあるので、購入を検討している方の参考になればと思います。

WAREHOUSE lot4053【インディゴポケットTシャツ】

ウエアハウス インディゴTシャツ
新品時

こちらがぴんぴんのノンウォッシュの状態。
まずはディテールの確認からしていきます。

ウエアハウス インディゴTシャツ

ネック部分の縫製から見ていきます。

定番Tシャツの「lot4061」と比較してみたのでよーく見てくださいね!

lot4056 インディゴTシャツ
lot4601 定番Tシャツ

定番Tシャツ「lot4601」のほうがネック部分の厚みが。

インディゴTのネックの方が少し伸びやすいのかもしれません。

ハンガーを入れる時は必ず下から入れるのを心掛けた方が良いと思います。

ポケット

ポケット部分、ここは色落ちなどの変化を感じやすい部分。

記録として撮っておきます。

定番ポケTは四角いポケットなので形状がちがいますね。

>>ウエアハウスの定番ポケットTシャツの記事はこちらです。

インディゴTの特徴【経年変化が魅力の先染め生地】

デニムと同じ、糸の段階からインディゴに染める「先染め」といわれる手法で生地が作られています。

ざっくりと先染めと後染めの特徴を。

  • 先染め 糸の段階から染める。

色に深みが出やすい、色落ちしにくい、手間がかかる

  • 後染め 生地を織ってから染める。縫製してから染める(→製品染め)

色ブレが起きやすく、色も落ちやすい→味が出やすい

インディゴTの生地アップ

色の濃い部分、薄い部分、白っぽい部分がよくわかりますね。

この不均衡な生地感は先染めならでは。 デニム同様、色落ちがとても楽しみです。

ファーストウォッシュの記録。

洗濯の様子。

すっごい地味な写真になってしまいました。

写真ではわかりにくいですが、実際にはもう少し青いです。

ファーストウォッシュの作業工程はこちら↓

  1. 約60度のお湯に10分つける
  2. 少量の洗剤を投入し10分つけ置き
  3. すすぎ
  4. 絞って脱水
  5. 乾燥機

この手順で行いました。

落ちたインディゴを確認したいがために洗面で行った結果・・・

洗面の周りが青く染まってしまいました。

→ 洗面器で洗う場合は毎回掃除しないといけませんよ。

インディゴTシャツ【縮みの検証】

定番Tシャツでは、Mサイズを着用しているわたくし。

インディゴTに関してはよく縮むからという店長さんのアドバイスを受け、ワンサイズアップのLサイズを購入しました。

洗濯前と洗濯後のサイズ計測を行いましたので、購入を検討している方はご確認いただければと思います。

※サイズ計測は平置きで、生地を引っ張らずに行っています。

多少の誤差はご容赦くださいませ。

では見ていきましょう。まずは身幅からいきます。

洗濯前 身幅52.5㎝
洗濯後 49.5㎝

続きまして着丈にまいります。

洗濯前 着丈64.0cm
洗濯後 着丈62.0cm
洗濯前 袖丈20.0cm
洗濯後 袖丈19.5cm

肩幅の計測は忘れてしまいました。すみません。

縮みの結果

新品乾燥後縮み
着丈64.0㎝62.0㎝-2.0㎝
身幅52.5㎝49.5㎝-3.0㎝
袖丈20.0㎝19.0㎝-1.0㎝

という結果になりました。

店長さんの言っていた通り身幅にかなり縮みが出たため、ワンサイズアップして良かったです。

インディゴTシャツまとめ。

https://www.instagram.com/p/ByC51tMgwFU/

今年は絶対に買おうと決めていたインディゴTシャツ。

購入できてとても嬉しいです。

夏は1枚で、冬はインナーで着用し経年変化を楽しもうと思います。

インナーですので、やっぱり1回着たら洗いたいですよね?

1枚で洗濯機を使うのはもったいないので、風呂場で手洗いかな。

WAREHOUSEの店長さんが風呂場で手洗いしてると言っていました。

毎回の手洗いは少々面倒ですが、今は色落ちの楽しみの方が勝っている(笑)

続けていこうと思います。

※注意点まとめ。

  • 縮みがあるので、いつものサイズよりワンサイズアップがおすすめ。
  • 単独洗い推奨! 色移りします!

楽しいインディゴ色落ちライフを!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。