シャンブレーシャツ 色落ち

UES シャンブレーシャツの色落ち経過【リネン混が魅力】


※2019年8月9日 1年3か月の色落ち報告追記。


気温が上がり暑さを感じるくらいになってきましたね。

今日はそんな暑い中でもサラッと過ごせてしまいそうな爽やかなUESの超ロングセラーのシャンブレーシャツです。

 

かなりおすすめのアイテムなので、ぜひチェックしてくださいね。

UESの定番シャンブレーシャツとは?【シルエットがきれい】

シャンブレーシャツ 色落ち

2018/5/3 着用開始 354日目  

UESらしく細めのシルエットのシャンブレーシャツです。

特に肩と胸の周りはタイトに感じます。

UES特有のシルエットのおかげで、ワークシャツの泥臭さは一切感じないキレイ目でも着こなせるようなシャンブレーシャツです。

 

ウエス製品全体にいえることですが、体格のしっかりとした方は購入時に注意した方が良いと思います。

楽天などのネット通販でご購入の際はよくサイズ感を確認してくださいね。  

 

UESのシャンブレー生地について【リネンが良い感じ】

UESシャンブレーは綿60%、リネン40%で構成されており、着始めたころはリネン特有の「シャリっと」「サラッと」した質感が際立ます。

最初はハリのあった生地も、次第に柔らかい質感に変化してきました。

 

リネン生地の特性はコチラ↓

リネンの特徴はなんといってもその強靭さ。コットンの2倍・ウールの4倍もの強度を持っています。水を吸うと更に強度が増し、吸湿や発散も他繊維に比べ優れているというのだから驚きですね。
繰り返し何度も使える頑丈さから、フキンやシーツ、エプロンなどの素材として重宝されています。

https://stylestore.jp/note/detail/65205

 

リネン生地は薄くても丈夫な素材なのでワークシャツとの相性も抜群です。

 「長く愛用してほしい」というUESのコンセプトに合うピッタリの素材ですね。

シャンブレーの色落ちとディテール

【生地が魅力】UES シャンブレーシャツの色落ち

襟部分には、アクセントにもなるチンストラップが付いてます。

 

【生地が魅力】UES シャンブレーシャツの色落ち

スウェットのインナーに着用する際は、襟元のおさまりをよくするためにボタンを留めた方が良いと思います。

一般的なワークシャツよりも襟がシュッとしているので、キレイ目にも着られます。 当て布?も施されているので襟元がヨレヨレになりにくいです。

肩部分は、頑丈なトリプルステッチで縫製されています。

 

※トリプルステッチとは?

ワークウエアによく使われていた頑丈に作るための縫製の方法で、独特のボコボコとしたパッカリングが特徴です。

 

これが大好きなポイントでして、ビンテージを模したワークシャツを着る醍醐味であると思っています。

ポケット部分は左右非対称のポケットです。

やや小さめのためタバコとかは入らないサイズ感です。

懐中時計用?ここには物を入れたことないです。

 

ボタンは天然素材でできているので何とも言えない味がありますね。

 

ボタン回り、ポケット部分にもパッカリングが出ています。

本当に良い味が出てきました。  

右ポケットアップ。

 

青い糸が横に走っているのがわかりますか?

実際のビンテージシャンブレーシャツにそういった仕様があるかはわかりませんが、UESらしいおしゃれなデザインだと思っています。

UESのシャンブレーはいいぞ

もう一度全体像を。

かっこ良いです。

 

なんとUESのシャンブレーは2007年からのUESの定番超ロングセラーだそうで、ド定番のアメカジワークシャツとはちょっと違うけれど、これはドはまり中です。  

 

春夏は1枚でサラッと羽織って、秋冬はインナーに着てほぼ1年中稼働しています。

 

白くなるまで愛用したいシャンブレーですね。


2019年8月9日追記。

UESシャンブレーシャツ【1年3か月の色落ち経過レポート】

着用開始から1年98日

※着用頻度と洗濯方法。

  • 週3回ほど着用。
  • 1回着たら洗濯。
  • ネットに入れて洗濯機にイン。
  • 洗剤は普通の洗剤。

色落ちしている個所をピックアップしてみていきます。

色落ちが一番進んでいる首の裏から。

インディゴが抜けて白っぽくなっているところもあります。

サックスブルーと白のコントラストがシャンブレーの魅力ですよね。

襟の部分を前から写真に収めてみました。

タグの横(内側の生地)の部分が購入時の色味に近いと思います。

全体的に色落ちが進んでいるのがわかりますね。

襟のダブルステッチにもパッカリングが起こり凸凹しています。

かなり雰囲気が出てきましたがいかがでしょうか?

UESのシャンブレーシャツの見どころである、トリプルステッチによるパッカリングと周辺の色落ち。

パッカリングのボコボコがもうたまらない表情です。

トリプルステッチ

肩の部分のトリプルステッチです。

見事にうねりまくっています。

カフス周辺の色落ちです。

腕まくりしたりで擦れるので結構色落ちしてきていますね。

1年3か月の色落ち経過まとめ

前回から3か月が経ったのでレポートしてみました。

かなりの頻度で着用し洗濯もしているので色落ちが進んできたと思います。

 

当初は「シャリっと」した質感だったシャンブレー生地が、だんだんと柔らかい質感に変化してきており着心地も格段に良くなってきました。

これからの色落ちにもますます期待が持てそうです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA