ウエアハウス スウェット 403

ウエアハウスのスウェット【lot403】を徹底解説!

ウエアハウスの定番スウェット『lot403』についての記事です。

特徴的な袖のディテール解説などを行っています。

アメカジ系スウェットをお探しの方はぜひチェックしてくださいね。

ウエアハウスのスウェット【lot403】のディテール紹介。

まずはディテールの解説からしていきます。

ウエアハウスのスウェット
Vガゼット

ビンテージスウェットによくあるディテールの「はめ込みVガゼット」から。

前後両方のついているので「両Vガゼット」です。

1940~1950年代ごろにある特徴的なディテールです。

アメカジスウェット
前と後ろの「Vガゼット」

汗止めや伸縮防止の役割を担っていたモノと言われています。

現代ではなくても機能的に問題ないですが、 「V」がついてないスウェットはなんとなく寂しい感じがします。

デニムジャケット等のアウターと合わせた際には、首元のアクセントになるので好きなディテールです。

ウエアハウス スウェット
セットインスリーブ

脇の部分は「セットインフリーダム」です。

「セットインスリーブ」と「フリーダムスリーブ」を組み合わせた珍しいディテールです。

フリーダムスリーブの様に、腕を上げたときに全くストレスがないか?

と言われたらそうではありません。

貴重なディテールが再現されているということで。。。

セットインフリーダム

わきの下の縫製はこのようになっています。

フリーダムスリーブとの比較

腕の可動性が抜群に良い「フリーダムスリーブ」との比較。

上が「フリーダムスリーブ」

下が「セットインフリーダム」です。

フリーダムスリーブの方が曲線で構成されているのがわかりますね。

ちょっとした違いのように感じますが・・・着れば必ず違いがわかります!

ウエアハウススウェット
筒状のリブ
筒状のリブ

筒状のリブも1950年代くらいまでのビンテージスウェットにある特徴。

手首への当りがソフトなので非常に快適。

筒状リブは個人的にかなり好きなスウェットのディテールです。

裏起毛

裏起毛です。

ウエアハウスのスウェットは「ふんわりやわらか」といった表現がピッタリかと思います。

優しく包み込まれる着心地に私自身がぞっこんです。

【乾燥機はダメ】めちゃくちゃ縮みます!

ウエアハウスのスウェットは柔らかさがある反面、伸びや縮みが多く出ます。

→ 乾燥機を使うのは絶対に控えてください。

過去に乾燥機を使ったために極端な縮みが出て、着れなくなった経験があります。

2サイズ~3サイズくらい縮んでしまい、どうしようもなくなってしまいました。

ウエアハウス lot403【1952】は、フェルトプリントが良い!

ウエアハウススウェット403
Lot403「1952」

色はオートミール。

「1952」のフェルトがインパクト大なスウェットです。

デザインに一目惚れして購入したスウェットです。

※こちらのスウェットは2017年のモデルになります。

「lot403」の品番は毎年違うデザインのスウェットが販売されているのでお好みのモノを見つけてみてくださいね。

フェルトプリントの経年変化。

個人的に大好きなフェルトプリント。

その理由は・・・

  • 変化がわかりやすい。
  • 1930年~1940年代の古いプリント技法であること。
  • 単純にかわいい。

では未洗いと、洗い後の比較写真を見ていきます。

未洗い
ウエアハウススウェット経年変化
洗い後

なんともいえない表情です。

パッと見てわかるフェルトのフワフワ感が全く違いますよね?

ウエアハウスのスウェット【lot403】と【lot401】の違いを解説。

ここでウエアハウスの定番スウェットの比較をしていきます。

スウェットのディテールや、ご購入の参考にどうぞ。

ウエアハウス スウェット 違い
上「403」 下「401」

袖のつき方が違いますよね。

lot403は、肩から真っ直ぐに落ちてきてカーブする「セットインフリーダム」

lot401は、肩から脇まで真っ直ぐに縫製されている「セットインスリーブ」

ウエアハウス スウェット 違い
上「lot403」 下「lot401」

lot403は、はめ込みVと少しだけ広めのネックライン。

lot401は、フラットシーマによるはめ込みVとやや立ち気味のネック。

ウエアハウス スウェット 違い
上「lot403」 下「lot401」

中を見るとはめ込みVの縫製仕様の違いが分かりやすいですよね。

どちらもサイズ感は同じような感じですが、lot401の方が気持ちゆったり目です。

ウエアハウス スウェット 違い
上「lot403」 下「lot401」

袖のつき方についてです。

lot403は、筒状のリブです。

lot401は、フラットシーマによる縫い目が見えています。

私は「lot403」の着心地やディテールが好きです。

古いスウェットの袖の付き方でいえば、

  • セットインスリーブ
  • フリーダムスリーブ
  • ラグランスリーブ

などが代表的ですが好みのものを見つけてくださいね。

>>ウエアハウス定番スウェット「lot401」の記事はこちら。

ウエアハウスのスウェットは、インナーに使うのもおすすめ。

UESのデニムジャケットを着る際のインナーに着用してみました。

ウエアハウスのスウェットはライトオンスなので、インナーでの着用にぴったりです。

ゴワゴワせずに着用できるのでおすすめの合わせ方です。

>>UESのデニムジャケットの記事はこちら

もちろんアウターとして1枚で着用してもばっちり決まりますよ!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。