アメカジ的、2020年の目標。

2020年がやってきました。

ブログをご覧いただいている皆様、明けましておめでとうございます。

 

今回の記事は、私の2020年のアメカジ的な?目標についてです。

やはり「新年は目標を立てて突き進まなきゃね!」ということで色々考えて思い当たることをピックアップしてみました。

2020年の終わりごろに1年を振り返ったら、いくつ達成できているでしょうか?

稲妻フェスティバルに行きたい

2019年に参加できず・・・、というか今まで仕事やプライベートの用事が入ってしまい、一度も参加できていないのです。

 

気持ち的には10万円くらい握りしめて、物欲を開放してやりたいくらいの意気込みがあるのですが今年はどうでしょうか?

参加者の戦利品報告を見ているとウズウズしてきます。

稲妻フェスティバル

次回の開催は、2020年2月16日(日)10:00~16:00 大阪万博記念公園。

【稲妻フェスティバルの公式ホームページ】

今年は是が非でも参加したいと思っています。

 

≪行ってきました!稲フェスの記事はこちら≫

 

革ジャンが欲しい

10年ぶりくらいに革ジャンが欲しくなっていまして、様々なブランドの物をチェック中です。

 

今のところの条件としましては・・・

  • ホースハイド
  • タンニン鞣し
  • 茶芯
  • ハード過ぎない分厚さ

こんな感じ?

まだざっくりとしたイメージしかないですが、SNSで革ジャンを見ているとこれまたウズウズしてきています。

 

アメカジショップを徘徊しつつ自分に合ったものが見つかれば買ってしまうかもしれませんね~。といいつつも、形すら決まったいない状況です。

稲妻フェスティバルに行けば、お安く入手できるかもしれませんがそこまで我慢できるのか!?

 

denim bridgeさんでオーダーしたい

denimbridgeさんはSNSを通じて知り、購買意欲が湧いているデニムメーカーさんの1つです。

カスタムブリッジというサービスを展開されており、自分の理想のデニムをオーダーすることができます。

  • シルエット選び
  • 生地選び
  • バックステッチ選び
  • ボタン選び・・・

 

大戦っぽくしようか?66系にしようか?ごちゃまぜ系で自分だけの完全オリジナルジーンズを楽しむか?

もはや何回シュミレーションし、ニヤニヤしたかわかりません。

【denimbridgeのホームページ】

 

ウエアハウスの25周年アイテムが欲しい

2020年は私の大好きなアメカジブランドであるウエアハウスが、創業25周年を迎えます。

まだ何の情報もないのですが、限定アイテムがリリースされるはずなので必ずゲットしたいと思っています。

今からワクワクしていますが、お金貯めとかないと・・・。

 

25周年アイテムの情報

第1弾として、DD-1001シリーズから大戦モデルと1950年モデルが発売されるとのこと。

店員さん曰く、1950年モデルがおすすめみたいです。

 

手持ちのデニムの育成

2019年はデニム製品を購入することが多かったので、しっかりと育成する1年にしたいと思っています。

ストックばかり増えると妻の視線がきつくなりますからね・・・。

 

今までは1年に1本を集中的に穿き込んで色落ちを楽しんでいましたが、同時進行も視野に入れて色落ちを加速?させていきます。

⇒現在育成中、もしくは育成予定のデニムはこちらです。

UES 400S

https://www.instagram.com/p/B59231yJFJ5/

昨年の10月から穿き込み中のUES400Sです。

UESデニムマラソンという企画に参加しており、SNS上で写真を投稿し合って色落ちを楽しんでいます。

 

まだ穿き込み開始から2か月半くらいなのでアタリが少しついてきたくらいですが、かなりメリハリある色落ちに育ちそうなので楽しみな1本です。

≪UES400Sの記事はこちら≫

 

WAREHOUSE Lot.1880

ライトオンスの生地なので、寒い季節を通り越した春くらいから本格的に穿き込みを開始しようと思っています。

 

主な特徴は・・・

  • ベルトループなし
  • リベットなし
  • シングルステッチのみ

このように、頭の中に思い浮かぶジーンズとはかけ離れたディテールなので色落ちもどのようになっていくか楽しみにしています。

≪Lot.1880の記事はこちらです≫

 

WAREHOUSE DD-1550

昨年の夏も大活躍だったデニムショーツです。

快適には過ごせますが、やはり汗はいっぱいかくので洗濯回数を上げて色落ちを楽しんでいます。

 

まだまだ濃紺に近い状態ですが、夏の終わりごろには良い感じになっているんじゃないかと予想しています。

≪デニムショーツの記事はこちら≫

 

WAREHOUSE DD-S2001xx

昨年の12月に購入した、ウエアハウスの新大戦生地が使用されたデニムジャケットです。

外でも着て家の中でも着ているため、かなり着用時間が長くなっています。

 

新大戦生地の特徴としましては・・・

  • 濃度は濃いめ
  • 染めは浅め

なので、着れば着るだけメリハリが出る生地だと思います。

現在の状態としては、肘周辺のシワが刻み込まれてきたかなという感じですが1シーズンは洗濯を我慢して着こんでいきたいと思っています。

≪WAREHOUSE DD-S2001xxの記事はこちら≫

 

UES サードタイプGジャン

2シーズン目に突入しているUESのサードタイプです。

タイトなシルエットであるため、着用回数の割には色落ちが早いという印象です。

 

ウエアハウスの大戦デニムジャケットを購入したため、当初に比べると着用回数は下がっていますがGジャンの常識がひっくり返る様なシルエットは唯一無二だと思っているのでお気に入りの一着です。

今シーズン終了後にセカンドウォッシュしようと思っています。

≪UESサードタイプの記事はこちら≫

 

今年もアメカジ道を突き進みます

今年は公私ともに変化がありそうな1年なので、地に足つけて頑張りつつアメカジを楽しんでいきます。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

 

SNSもやっていますのでぜひフォローしてくださいね!

Instagram

⇒Instagramでは日々のコーディネートを中心に。

⇒Twitterは、ブログ更新情報やアメカジのつぶやきなど。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。