【おしゃれな洗剤】FreddyLeckでデニムを洗うとどうなる?

今日はデニム用洗剤『フレディレック』についてです。

フレディレックってご存知でしたか?

 

私は関西在住であまり馴染みがなかったのですが、東京でコインランドリーとか洗濯代行とかそういう事業を展開している会社みたいですね。

検証するあたって「どれにしようかなー?」って悩んでる時に、[デニム用洗剤]で検索してみると『フレディレック』が出てきたのでアクセスしてみたら、なんかちょっとおしゃれな感じだなあという単純な理由で決めてみました。

 

FreddyLeck DENIM SOAK WASHの基本情報

FreddyLeck DENIM SOAK WASH
品目洗濯用合成洗剤
成分界面活性剤11%、柔軟成分、香料、増粘剤、安定化剤、サトウキビエキス
液性中性
容量300ml
定価1,650円

フレディレックの特徴

フレディレックのデニムウォッシュはユーカリの香りと記載されています。

私はユーカリの香りが分からなくてですね、原液の状態ではちょっと言い方悪いかも知れないですけど、ハッカ飴のような清涼感のある香りがします。

けど洗った後は、ハッカ飴の香りは消えまして、無臭ではないんだけど本当にほのかにスッキリ感のある香りだと思います。

けどほとんど臭いがないと同じようなものなので、誰でも違和感なく使っていただけるのかなと思います。

 

洗剤に関しては、サラっとしてるので水にも溶けやすいなと思いました。ただちょっとぬめっとした感じが残るかもしれないので、すすぎはしっかりやった方がいいと思います。それでは次からは色落ちレポートの方に移ります。

フレディレックを使ったデニムの色落ち検証

アタックアクロンフレディレック
品目洗濯用合成洗剤洗濯用合成洗剤洗濯用合成洗剤
成分界面活性剤27%、安定化剤、pH調整剤、酵素、蛍光増白剤界面活性剤21%、安定化剤、柔軟化剤界面活性剤11%、柔軟成分、香料、増粘剤、安定化剤、サトウキビエキス
液性中性中性中性
容量900ml450ml300ml
定価357円220円1,650円

デニム用洗剤『フレディレック』と一般的なおしゃれ着用洗剤である『アクロン』と普通の洗剤である『アタック』でデニムの色落ち具合を比較して検証していきます。

他のレポートと同じような感じなんですが、手順を改めてご説明します。

手順

用意したデニム生地にフレディレック数滴を原液のまま垂らして、軽くなじませます。

そのまま数時間放置したてから水洗いして洗剤成分をしっかり落として天日干しをします。 その後、アタック・アクロン・フレディレックで洗った3つのデニム生地を並べて、色落ち度合いが違うのかどうかというのを検証していきます。

それでは第1回目の結果から確認していきましょう

色落ち検証スタート

1回目

デニム生地の並び順は以下の通りです。

アタックアクロンフレディレック

2回目

3回目

4回目

5回目

6回目

7回目

8回目

9回目

10回目

11回目

12回目

13回目

14回目

15回目

16回目

17回目

18回目

19回目

20回目

21回目

22回目

23回目

24回目

25回目

26回目

27回目

28回目

29回目

30回目

しっかりと色落ちを抑えてくれているなという印象です。

冒頭でもお伝えした通り、他の洗剤と比べるとヌメりが残りやすい感じがするので、よく溶かしてすすぎをしっかりした方がいいと思います。(※洗濯機を使う場合は特に問題なかったです)

色落ちを防ぎつつすっきりとした香りもつけたい方におすすめ。

他のデニム用洗剤の検証結果

ナノコロイド DENIM WASH VINTAGE

ランドレス デニムウォッシュ

Jウォッシャー

桃太郎ジーンズ ジーンズ用洗剤

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA