【デニム用洗剤】Jウォッシャーってどうなの?

【デニム用洗剤】Jウォッシャーってどうなの?

こんにちは、TAKEです。

今回はデニム用洗剤のジェイウォッシャーについてです。

Jウォッシャーもかなり有名だと思うので、デニム用洗剤を調べている方だったら必ず見たことのある洗剤だと思います。購入候補にも入ってたりするのかなと思います。

長期レポになりますが、マメに更新していきますので使用感とか色落ち経過とか参考にしてくださいね。

 

【デニム用洗剤】Jウォッシャーの基本情報

【デニム用洗剤】Jウォッシャーってどうなの?
品目洗濯用合成洗剤
成分界面活性剤4.9%、脂肪酸エステル、脂肪酸アルカトルアミド、ポリオキシエリレンソルビタン、ヤシ油
液性中性
容量300ml
定価1,320円

Jウォッシャー ジーンズ専用洗剤の特徴

ジェイウォッシャーの特徴としましては、ジーンズ用洗剤なのでジーンズを白くしてしまう成分である蛍光増泊剤が一切入っていません。それに加え、無香料無着色なので変な臭いがつくことはなく、水洗いに極めて近い質感を得ることができます。

同じタイミングで検証している桃太郎ジーンズの洗剤に近いようなイメージですね。

桃太郎ジーンズの洗剤と大きく違う点は、界面活性剤のパーセンテージが少ないとこでして、それがデニム生地にどのような影響を与えるのかを比較して観察していただければ、購入の参考になりつつ本記事を楽しんでいただけるかなと思います。

 

余談ですが、注ぎ口は使いにくい。周りがベタベタします。

デニムの色落ち検証

デニム用洗剤『Jウォッシャー』と、一般的なおしゃれ着用洗剤である『アクロン』と、普通の洗剤である『アタック』でデニムの色落ち具合を比較して検証していきます。まずは成分比較からしていきます。

アタックアクロンJウォッシャー
品目洗濯用合成洗剤洗濯用合成洗剤洗濯用合成洗剤
成分界面活性剤27%、安定化剤、pH調整剤、酵素、蛍光増白剤界面活性剤21%、安定化剤、柔軟化剤界面活性剤4.9%、脂肪酸エステル、脂肪酸アルカトルアミド、ポリオキシエリレンソルビタン、ヤシ油
液性中性中性中性
容量900ml450ml300ml
定価357円220円1,320円

Jウォッシャーの圧倒的な界面活性剤の少なさ。

 

※少しだけ界面活性剤について触れておきますと・・・

家庭用洗剤などに含まれる界面活性剤とは、素早く布地に溶液を染み込めせて汚れを剥がすために使われています。その後に流水で汚れを流し出す仕組みですね。

食器洗い用洗剤をイメージしていただくと分かりやすいですが、油汚れが「スッキリ」と落ちますよね?あれが界面活性剤の効果です。なので、油汚れなどを落とさなければならない食器洗い用洗剤は、界面活性剤の割合が30%を超えている物が多いです。

ということで液性が『中性』である場合、油汚れ(皮脂汚れを含む)は界面活性剤の割合が高いほど、綺麗になりやすいということになります。

検証の手順

用意したデニム生地に、ジェイウォッシャーを数滴垂らして馴染ませます。同様の作業を他の洗剤でも行い数時間放置してます。

数時間放置したのちに、洗いにかけ天日干してから写真を撮って色落ち具合を比較していきます。

 

色落ち検証スタート

1回目

2回目

3回目

4回目

5回目

6回目

7回目

8回目

9回目

10回目

11回目

12回目

13回目

14回目

15回目

16回目

17回目

18回目

19回目

20回目

21回目

22回目

23回目

24回目

25回目

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。