ニューバランス996違い

ニューバランス996シリーズの違い【どっちがおすすめ?】

先日購入したニューバランスM996とWL996(女性用)を比較してみました。

セカストのセールでお買い物

ちなみに私自身、5年以上前にMRL996(以前までのアジア製の品番)の黒を履いていたことがあるので、その時の感覚も踏まえながらご紹介していきたいと思います。

女性用品番のWL996との比較ということでデザインや構造の違いはありますが、現行品のCM996のことも交えながら比較してますので、どちらかを購入しようと迷っている方は参考にしてみてください。

最初にお伝えしておくと文中で、M(アメリカ製)とかCM(定番996)とかWL(女性用)とかアルファベットがたくさん出てきてややこしいと思いますが、お付き合いくださいませ。

ニューバランス996の違い

パッと見た外観は一緒かと思いますよね。実際に遠目で見たらどっちを履いてるかなんて分からないです。

WLは女性向けとあってデザイン上の違いがあるのでまだわかりやすいですが、現行のCM996とだとM996に近い仕様なので本当にわからないです。

それだけM996(アメリカ製)は自己満要素が強いスニーカーだと思いますが、よ〜くよ〜く見ると違いがたくさんありますよ。

まずはM996とCM996、WL996の3つでスペックの比較から。

M996CM996WL996
定価(税込)27,500円15,180円10,230円
生産国アメリカアジアアジア
搭載機能C-CAP
ENCAP
C-CAP
アッパー素材スエード
/メッシュ
天然皮革
/合成繊維
人工皮革
/合成繊維
ソール素材ブローンラバーゴム底ゴム底
備考女性用

機能云々よりも値段の違いに驚きますよね?

買うのを躊躇してしまうような金額の差ですが、それでも履く人を虜にしてしまう魅力があるのがM996と言われています。

 

CM996は手元にないので比較はできませんが、M996とWL996を同じようなカットで写真を撮ってますので確認していきましょう。

スエードの質感の違い

ニューバランス996違い

まずはスエード(天然皮革)と人工皮革のアッパーの違いから。

写真で見てもなんとなくわかるかと思いますが、しっとり感に明確な違いがあります。

ただ、CM996との比較となると大きな違いを感じられるかはわかりません。

紐の違い

M996の方がふっくらしたシューレースです。

シュータンの違い

ニューバランス996違い

シュータンは2つ明確な違いがあります。

  • 『MADE IN U.S.A』のマーク
  • 『NB』のNのマークの模様

シュータンのデザインについては、CM996にもないアメリカ製の『M996』だけのものなので所有感を引き立ててくれるポイントかと思います。

ただ、履いてる分にはほとんどわかりません。

ライニングの違い

M996はふっくら柔らかい質感です。

派手な違いじゃないですが、スニーカーといえども他とは違う質感の高さを実感できます。

そして『柔らかい履き心地』たる所以の最大のポイントだと思います。

内部構造の違い

ニューバランス996違い

内部構造はM996が『袋縫い』でWL996は通常の縫い方です。

ただ定番のCM996も袋縫いになっているので、M996だけの特別感なわけではありません。

かかとが包まれる感じは実感できるかと思います。

インソールの違い

ニューバランス996違い

インソールも明確な違いがありますね。

M996の方は踵を受け止めてくれるようなカップ型の構造になっていますが、WL996は平らなインソールです。

ただインソールに関しては後からいくらでも変えることができるので、M996の絶対的な優位性ではないかと思います。

ニューバランスに限らず、履き心地を大きく左右する要因になるので変えた方がいいですよ。

+2,000円くらいで違う靴に変わると思います。

【極上の履き心地?】ニューバランスのインソールを入れ替えてみた

ソール構造の違い

ソール構造は全くと言っていいほど違います。

スペック紹介でも書いた通り『ENCAP』が搭載されているのはM996だけです。

ニューバランス996違い

見やすいようにアップにしてますが『ENCAP』って書いてますよね。

ENCAP(エンキャップ)は衝撃吸収に優れた素材なので、コンクリートの舗装路などを歩くことの多い場面ではいいんでしょうね。

ただ、「うぉ〜!ENCAP〜!すげ〜!」とはなりませんでした。たぶん私の足がバカなんでしょう。

それくらいCM996の完成度も高いと言えますね。

ニューバランス996違い

M996のアウトソールはグリップ性の高い「ブローンラバー」を採用されています。

よく『柔らかい履き心地』と表現されますが、柔らかいのはライニングの話でソールは反発力のある固めの履き心地です。

ふわふわな履き心地をイメージしていると、想像とは違う反発力にびっくりすると思いますし、そのおかげでとても歩きやすいです。

 

なので履き心地を一言で表現するなら『柔らかいけど固い』になりますかね?反発力とともに履くとグイグイ足が前に進んでいく感じがハッキリとわかると思います。

矛盾するような訳わからん表現ですが、履いたら多分わかります。

M996はソール交換できる

M996だけの特徴と言えば『ソール交換』に対応してくれることです。

スニーカーは3〜5年くらいでソールが加水分解を起こしちゃって履けなくなりますが、革靴やブーツのように修理して長く履くことができるのが最大のメリットです。

『良い物を長く使いたい』と思う方は、M996を購入された方がいいでしょう。

重さの違い

サイズの違うWL996と比較するのもナンセンスですが比較してみました。

CM996やWL996の方が軽いと思います。

軽さをピックアップされたりしますが、個人的にはそうは思いません。試しに私が普段履いてるスニーカーの重量も測ってみました。

ナイキの軽量スニーカーは100g以上軽いですが、反対にローテクスニーカーは100g以上重いです。

なのでM996の軽さについてまとめると、

  • スニーカーとしては軽いほう
  • けどめちゃくちゃ軽い訳ではない

スニーカー選びで軽さを重視するなら、CM996を選んだ方がいいかもしれません。

996シリーズの違いをまとめると

長々と比較してきましたが、大きな違いは『ライニングの質感』『ENCAPの搭載の有無』『ソール交換の対応』の3点かと思います。

以上を踏まえておすすめな人の特徴をあげると、

M996がおすすめな人

  • アメリカ製にこだわりたい
  • 柔らかい履き心地を体感したい
  • ソール交換して長く履きたい

こんな感じの人かなと思います。

【レビュー】ニューバランスM996グは履き心地と見た目の良さが両立したスニーカー

CM996やWL996がおすすめな人

  • コスパと履き心地の両立
  • たくさんのカラーから選びたい
  • アメリカ製とか関係ない

CM996でもかなり履き心地の良いスニーカーですし、満足できると思います。

 

私はニューバランスマニアじゃないので少しシビアな視点で比較してきましたが、どちらを買っても結局は履き心地は良いです。

購入の参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに比較したWL996は、写真撮る前に丸洗いして綺麗にしました。

お手入れの仕方についてはこちらのページでご紹介してますので、参考にしてみてくださいね。

補足しておくと、紐が毛羽立ってきたらライターであぶると綺麗になりますよ。

ニューバランスの丸洗い

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Translate »