「縮みが怖い!」そんなニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

「縮みが怖い!」ニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

冬の定番アイテムのニット帽ですが、洗いにくいのが難点ですよね。

しかし、洗濯の手順や注意点を抑えておけば大丈夫です。

 

そもそもウール素材は防臭性に優れていますが、汗やヘアワックスがつくとやっぱり気になると思います。

シーズンオフのお手入れの参考にしてみてくださいね。

ニット帽の洗濯の手順

ウール素材は水に弱く、縮んでしまう性質があるため水温に注意して洗濯しなければなりません。

ということでニット帽の洗濯の手順は以下の通りです。

  1. 洗濯表示のチェック
  2. 30度くらいのぬるま湯に洗剤を入れる
  3. 押し洗いしてすすぎ
  4. 軽く脱水する
  5. 再びぬるま湯を用意して柔軟剤を投入
  6. 優しく脱水してタオルで水分を拭き取る
  7. 平干しで乾燥

洗濯中の写真もたくさん掲載しているのでやってみてくださいね。

洗濯表示を確認しよう

「縮みが怖い!」そんなニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

洗濯表示は左から順に、洗い方・漂白・乾燥・アイロン・クリーニングなどの情報が書かれています。(平成28年12月以降の生産分から洗濯表示が変わりましたので、お手持ちの服の表示に合わせてくださいね。)

パナソニック(洗濯表示の正しい意味は?)

 

このニット帽のお洗濯方法に関しての情報は、

  1. 液温は40度を減度とし、手洗いができる
  2. 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
  3. タンブル乾燥禁止
  4. アイロン仕上げ禁止
  5. ドライクリーニング禁止

ということになります。

注意すべきことは、水温と乾燥機を使わないことくらいですね。

 

ウール製品は『縮み』が一番怖いので、検証のために大きさを測定しました。

洗濯前のトップからリブまでの長さは18.5㎝です。

それでは洗濯していきましょう!

30度くらいのぬるま湯に洗剤を入れる

30度くらいのぬるま湯と書きましたが、水温計がないので適当です。(※「このシャワー浴びたらちょっと寒いかな?」くらいの感覚でやってみました)

気になる方は、ちゃんと計測した方がいいと思います。

 

洗剤はおしゃれ着用の洗剤を少しだけ投入しました。

素早く押し洗いしてすすぎ

「縮みが怖い!」そんなニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

放置すると水温が下がってくるので、時間をかけずにサッと押し洗いするのがポイントかと思います。

すすぎは洗剤が残らないように2回に分けて行いました。

軽く脱水する

洗剤が残らないように軽く絞るイメージで脱水していきましょう。

再びぬるま湯を用意して柔軟剤を投入

柔軟剤を入れると繊維の表面が滑らかになり、ふんわりした仕上がりになります。

先ほどと同様に30度くらいのぬるま湯を用意して、柔軟剤を少しだけ投入してニット帽になじませます。

普段使われてるお好きな柔軟剤で大丈夫ですよ。

 

軽く脱水してタオルで拭き取る

「え?柔軟剤入れたのにすすぎしないの?」と思われるかもしれませんが、すすぎなしで大丈夫です。

と言うのも柔軟剤のパッケージに『柔軟剤にくぐらせて脱水』と書いてあり、すすぎの文言は書いてないのでご安心を。

「縮みが怖い!」そんなニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

柔軟剤にくぐらせた後は、タオルで水分を吸い取るように優しく押しながら脱水していきましょう。

平干しで乾燥

平干し用ネットも売ってますが、こんな感じでお手持ちの洗濯ネットを使って代用することもできます。

この状態で風通しの良い場所で乾燥させましょう。

 

ちゃんと平干ししたい方は、このような平干し用ネットを購入してくださいね。

 

良いか悪いかはわかりませんが、めんどくさい時は物干し竿にひっかけて干したりもしてます。

今のところ型崩れを感じたことはないですが、気になる方は平干ししましょう。

 

ちなみに一番やってはいけない干し方は以下のような感じです。

「縮みが怖い!」そんなニット帽を自宅で洗濯してみた【洗い方・干し方を解説】

水分を含んだニットは重みが増すので、洗濯ばさみで挟んでいる場所にものすごく負荷がかかります。

手軽な方法ですが、変な伸びや型崩れの原因になりますよ。

乾燥後の縮みを計測

乾燥後のトップからリブまでの長さは19㎝です。

洗濯前・洗濯後・乾燥後のトップからリブまでの長さを計測してみると以下のような変化でした。

トップ〜リブの長さ
洗濯前18.5㎝
洗濯後20.0㎝
乾燥後19.0㎝

大きくサイズが変わることなくお洗濯できたかと思います。

普段のお手入れはどうする?

手軽にお洗濯できるとはいえ、高頻度で洗濯すれば風合いの変化を避けることができません。

普段からのお手入れとしては、消臭スプレーなどをサッと振って風通しの良いところに干しておくと良いですよ。

 

自宅での洗濯も簡単

今回はウール製ニット帽のお洗濯についてでした。

臭いがつきにくいウール製品ですが、整髪料や汗などが付着するとやっぱり気になりますよね?

頻繁に洗濯するものではないですが、シーズンオフなどのタイミングで実施してみてはいかがでしょうか。

 

スウェットの洗い方と干し方【長く着るために覚えておこう】

 

Gジャンの洗い方は?【色落ちを防ぎたいならつけ置き洗いがおすすめ】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Translate »