patagonia シンチラベスト

patagonia シンチラベスト【ヘビーユーザーがおすすめ理由を解説】

今日はパタゴニアの名作フリースベスト『ライトウェイト・シンチラ・スナップT・ベスト』についてです。

薄手の生地感で使いやすさ抜群のベストです。

 

以前はクラシック・レトロX・ベストについて書きましたね。

合わせて読んでいただけると特徴の違いがわかりやすいと思いますので、まだ見てない方は合わせてどうぞ。

 

ライトウェイト・シンチラ・スナップT・ベスト(以下、シンチラベスト)は、夏以外の3シーズン活躍すること間違いなしのアイテムなので、ぜひチェックしてくださいね。

Patagoniaシンチラベストは3シーズン活躍

今シーズンも本当によく着ました。

もう何年目だったかもわからんぐらいに毎年大活躍しているアイテムです。

 

ついつい外でも部屋でもスウェットやシャツの上に着ちゃうのです。それくらい自分にとってちょうど良いアイテムなのです。

 

とはいえ、良い点ばかりでなくデメリットもあるので思いつく限り並べてみますと・・・

  • 薄手のフリースベストにしては高い。
  • 左胸のポケットはぶっちゃけ使いにくい。

こんなところでしょうか?

アウトドア用なので、雪や雨の侵入を防ぐためにこのようなポケットの仕様になっているのだと思われますが正直言って使いにくいのです・・・。

 

デメリットを挙げてみましたが、値段が高い以外のデメリットをあまり感じたことはありません。値段についても購入してから5年以上も使っているので十分元は取れているでしょう。

 

シンチラベストがおすすめな理由

シンプルなデザイン

patagonia シンチラベスト

変わらないシンプルなデザイン。

こういったデザイン性の高さはパタゴニアの魅力ですよね。

 

何年着ても飽きることがありません。流行りを追ったデザインも良いですが、長く着るなら定番のモノがやはり良いですよね。

プルオーバー版も欲しいくらい。

高めの襟

通常のベストよりも高めに設定された襟。(7.5㎝あるので、一般的なベストよりも高めだと思います)

人によってはデメリットにも上げられるようですが、私にとってはメリットしかありません。ファスナーを上まで上げれば高い襟によって首回りを覆ってくれるので冷たい風の侵入をしっかりと防いでくれます。

アウターシェルを着用すれば、寒さ対策万全です。(※のちほど記載)

 

シンチラベストを着用しだしてからマフラーをする回数がグッと減りました。これだけで十分なほどに暖かいのです。

インナーでもアウターでも着用可能

ちょうど良い薄さでインナーアウターの両方で使えるのも魅力です。

「分厚い方が暖かいし良くね?」と思われるかもしれませんが、分厚いボアフリースは、屋内で暖房が効いていると脱ぎたくなりますからね。

 

使い勝手の良さで考えたら、圧倒的に薄手フリースの方に軍配が上がります。 

こちらはインナーとして着用しています。薄手の生地ため着ぶくれすることなく着用可能です。

余程の寒がりの方でなければ、スウェット+シンチラベスト+アウターシェルの組み合わせで冬を乗り切れますよ。

 

ダウン系のモコモコしたアウターが苦手な私にとって、シンチラベストは気軽に体温調整ができる便利なアイテムです。

シンチラベストのサイズ感

175㎝、65㎏で『Sサイズ』がジャストサイズです。

 

パタゴニアは、レギュラーフィットやスリムフィットなどサイズ感が製品によってやや違いがありますので注意してくださいね。

公式サイトでサイズシミュレーションがありますのでやってみてください。

公式サイト:パタゴニア

 

保温性を高めるために、ジャストサイズでの購入がおすすめです。

1枚持っておくと超便利です

1枚持っておくと便利ですと言いながら、私は色違いを追加したいなと思うほどにお気に入りのアイテムです。

ただ買ってしまうと本当にシンチラベストのローテーションになってしまうので我慢?しています。

 

Patagoniaは、シンプル過ぎず派手過ぎずなデザインが魅力ですよね。

ビンテージも魅力的ですが近年価格が高騰してるみたいので、よっぽどお好きでない限りは現行品で満足できると思いますよ。

シーズンに入ると人気の商品は売り切れちゃったりするので、狙っている方は本格的な季節がやってくる前の購入がおすすめですよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。