シンプルなアメカジには【WAREHOUSEのlot4601 ポケットT】がやっぱり良い。

スポンサーリンク
Tシャツ

こんばんは、TAKEです。

本日は私の大定番。いや、アメカジ界の大定番?

「ウエアハウス」のポケットTシャツについての記事になります。

このブログ記事について。

ウエアハウスの夏の看板商品である【lot4601】ポケットTシャツについて、

サイズ感・ファーストウォッシュによる縮みの検証記事になります。

ウエアハウスのTシャツを初めて購入する方は要チェックですよ!

スポンサーリンク

ウエアハウスの定番Tシャツ【lot4601】とは?

ウエアハウスで定番として展開されているTシャツです。

無地やプリント入りで同じ品番が展開されており、

今回は無地のポケTバージョンです。

ムラ糸が使われた独特のシャドウボーダーの生地が最大の特徴です。

>>詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

買いすぎ注意なのですが、ついつい毎年追加したくなる名作品番です。

では、今年新色として販売されたスモーキーピンクのポケTを見ていきます。

2019年のNEWカラー、スモーキーピンク!

ウエアハウス 4601 ポケT
WAREHOUSE lot4601 ポケットT

※こちらはノンウォッシュでの購入になりますので、洗濯すると縮みが発生します。縮みのサイズ計測も行っていますので購入時の参考にしてくださいね。

色味をチェックしてほしいのですが、ピンクといえどもくすんだ様な色合いなので合わせやすそうな印象です。

見洗いの状態では、シャドウボーダーはあまりみられません。

ウエアハウス 4601 ネック
バインダーネック

もちろんネック縫製は、バインダーネック。

長く着られるように丈夫にできています。

少し立ったような感じのネックですが、着こむにつれて良い感じに広がってきます。

といっても私は一番最初に着用するときにちょっと引っ張りますが。

ネック縫製 比較
左・インディゴポケT 右・lot4601ポケT

こちらも先日購入し、現在着こんでいるインディゴポケTとのネック縫製の比較です。

lot4601ポケTの方が分厚く頑丈に作られています。

インディゴポケTはゆるさが特徴なのでしょうね。

>>インディゴポケTの記事はこちらをどうぞ。

タグ

コットン100%で作られています。やはり着心地は良いですね。

【検証】ウエアハウスのTシャツはどれくらい縮むのか?→乾燥機使用の場合。

先ほども書きましたが、購入時は基本的に未洗いの状態です。

洗濯→乾燥することで少し縮みが発生します。

今回は最大限に縮ませてみようと思い、乾燥機を使用し縮みを計測してみました。

まずは、洗濯前のサイズ計測。今回はMサイズになります。

洗濯前 着丈65.5㎝
洗濯前 身幅47.5㎝
洗濯前 肩幅43.0㎝
洗濯前 袖丈20.0㎝

続いて、洗濯後。

洗濯後 着丈60.0㎝
洗濯後 身幅47.0㎝
洗濯後 肩幅40.5㎝
洗濯後 袖丈18.5㎝

まとめますと、、、

  • 着丈 65.5㎝→60.0㎝ (-5.5㎝)
  • 身幅 47.5㎝→47.0㎝ (-0.5㎝)
  • 肩幅 43.0㎝→40.5㎝ (-2.5㎝)
  • 袖丈 20.0㎝→18.5㎝ (-1.5㎝)

着丈が一番縮みました。いや、思っていた以上に縮んで正直びっくりです。

恐るべし乾燥機パワー?

ウエアハウスのTシャツは色によって縮みの度合いが違うのですが、(グレーが一番縮みます)ピンクもなかなかの縮み具合でした。

乾燥機を使用されているご家庭もあると思うので、参考にしてくださいね。

ウエアハウス Tシャツ lot4601
洗濯後

洗濯後の全体写真です。一回り小さくなった印象です。

ネック周辺の縮みが顕著に出ており、うっすら横段がでているのがお分かりいただけるでしょうか?

ウエアハウス シャドウボーダー
シャドウボーダー

洗濯後の生地のアップになります。

生地のデコボコした感じがはっきりとでています、これがシャドウボーダーです。

シャドウボーダーが出ることによって無地のTシャツなのに絶妙な陰影を生み、1枚で着ても雰囲気のあるTシャツになります。

サイズ感について。

よくお問い合わせいただくサイズ感についてですが、この品番のTシャツに関しては普段購入されているサイズと同じで大丈夫だと思います。

着丈の短さが気になる場合は、ワンサイズ上げる方が良いと思います。

無地Tシャツの経年変化について。

WAREHOUSE lot4601
WAREHOUSE lot4601

長く着ることによって、生地が斜行してきたり、ネックが緩くなってきたり、もっと柔らかな雰囲気になったりします。

ナス紺やブラックといった濃い色味やインディゴに比べると劇的な経年変化とはいきませんが、ゆるやかな変化が味わえます。

古着加工のTシャツも良いですが、自分自身で育てられるTシャツを私はおすすめしたいです。

ぱっと見は薄く見えるけど厚みもある。

厚みはあるけどふんわり柔らかい。

柔らかいけど丈夫に作られている。

良いものを長く着たい自分にとって、最高のTシャツです。

lot4601が販売されている間は、たぶん毎年買うだろうな。。。

それぐらいぞっこんのTシャツです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました