ウエアハウス 1003 色落ち

WAREHOUSE 1003sxx ② 約6か月の色落ち報告

今日は、現在穿き込み中のウエアハウスの大戦モデルを。

前回の洗濯から1か月が経過し、3回目の洗濯を行いました。

ウエアハウス 1003 色落ち
ウエアハウス 1003sxx

ウエアハウス DD-1003sxx (大戦モデル 1943年)

購入日 2018年11月15日 

179日経過 裏向き洗濯3回、乾燥機なし

このモデルの主な特徴としては・・・
  • 1943年モデル。
  • 月桂樹のドーナツボタン。
  • ロック処理されていない下生地
  • 左右非対称のバックポケット。
  • ヘリンボーンのスレーキ。
  • 大きなコインポケット。
  • ペンキステッチ。

盛りだくさんのディテールです。

大戦時ならではの「いびつさ」や「簡素化」が再現されています。

かなりマニアックであり、心をくすぐられるジーンズとなっています。

このような歪さを作品として作る方が、

キレイに作るよりも逆に難しかったり手間がかかったりするのでは?

などとマニアックな変態的想像が膨らみます(笑)

この1か月の穿き込み頻度。

週5~6日間、少なくても1日8時間以上は着用していました。

朝起きてから、帰宅後風呂に入るまでの間はみっちりと着用しています。

暑くなって履けなくなる前に、なるべく穿き込もうとできる限り着用しました。

※時間までは計測しておりません。

色落ちの経過。

WAREHOUSE色落ち
フロント写真

フロント全体。 写真が少し白っぽくなってしまいました。すみません。

縦落ちはまだ始まっておらず、曲がってシワができるところに色落ちが発生という段階ですね。

WAREHOUSE色落ち
バック写真

バック全体像です。

では色落ち箇所をピックアップしてみていきます。

色落ちピックアップ。

ウエアハウス 1003 大戦色落ち
ヒゲの色落ち

  バキバキではありませんが、ヒゲもちゃんと出そうです。

ウエアハウス 1003 色落ち
ペンキステッチ

バックポケット。 ペンキステッチはまだまだ残っています。

いつ頃まで残るかな。 ポケット周囲には良いパッカリングがついていますね。

WAREHOUSE色落ち
左足のミミの色落ち

左足のミミ付近。

うっすらとついていますね。→ 私の好みはもっとしっかり色落ちしてほしい。

ここは乾燥機を使った方がハッキリとアタリがでますね。

WAREHOUSE色落ち
ハチノス

  膝裏のハチノス。 意外だったのがコチラ。思っていたよりもついていますね。

ハチノスに関してはほどほどが好みなので、今後も程よく育ってくれたら良い。

WAREHOUSE色落ち
チェーンステッチ

裾のチェーンステッチの色落ち。 しっかりとうねってくれています。

ここはもっともっとウネウネが好み。

今後色落ちが進んでくると濃淡が協調されてくると思います。

1003xx 大戦モデルの内側はこんな感じです。

WAREHOUSE色落ち大戦モデル
未処理の縫製とスレーキ

未処理のため、糸がブランブランです。

こんな仕様に心がときめく(笑)

私と一緒で未処理の糸に心がときめいたあなたはジーンズ変態さんです。

ヘリンボーンのスレーキも購入時に比べ色が薄くなってきました。

今後の色落ち。

ウエアハウス1003sxxの色落ち
ウエアハウス1003sxx

穿き込み開始から6か月が経ち、かなり良い表情になってきました。

思いのほかヒゲがしっかりついてくれたので良かったです。

14.5ozのネップ感のあるこの生地は、足を通した際にザラザラとした感触があり、心地良さも感じます。穿き込んでいくとさらに荒々しい色落ちになりそうです。  

これからは汗もかく時期なので洗濯頻度を上げ、変化を楽しんでいこうと思います。

年中デニム穿きたい派の私にとって苦しい季節が近づいてきましたが、穿き込んでいきます。

ウエアハウス新発売のデニムの話。

先日から、新生地を使った大戦モデル1003xx(1946年モデル)が発売されましたね。

かなり評判が良いそうなので気になっています。

私はまだこちらを穿き込み中なのでしばらく様子見です。

欲しいけどね。

>>最新のウエアハウス1003sxxの色落ち報告はこちら。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。