ウエアハウス 1086 ベイカーパンツ

夏でも楽に穿けるミリタリーパンツ【WAREHOUSE lot1086 ミリタリーパンツ】

基本的に半ズボンは穿かない私。

とてつもなく暑い日でもほぼデニムを穿いて過ごしています。

「夏なのにジーンズ暑くないの?」

よく聞かれます。みんなに聞かれます。

もちろん暑いです。

でも穿きます。だってジーパンが大好きだから。

ただ「デニム愛」にあふれている私にも少々堪える日もあります。

そんな猛暑の日でも楽に穿けるミリタリーパンツについて今日は書きたいと思います。

もちろん暑い日限定じゃない、デニムジャケットとのコーディネートでもおすすめしたいミリタリーパンツです。

ウエアハウス lot1086 ミリタリーパンツとは?

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
WAREHOUSE lot1086 前

元ネタは、おおよそ1950年代に米軍が穿いていたベイカーパンツといわれるミリタリーパンツの初期型です。

なぜ50年代なのかというと「サイドアジャスター」がつくから。

ウエアハウス ミリタリ-パンツ 1086
サイドアジャスター

60年代にはいると無くなっていってしまう仕様なので古いタイプのベイカーパンツを再現しているのがわかります。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
lot1086 ミリタリーパンツ 後ろ

前と後の写真をみましたが、特徴的なディテールといえばポケットですね。

ウエアハウス ミリタリーパンツ ポケット
前のパッチポケット

前についているパッチポケットはあまりモノが入りません。

出かけるときはカバンを持った方が良いと思います。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
後ろの5角形のフラップ付きポケット

現代ではどちらもあまり見ないタイプのポケットの形状ですよね。

使い勝手が良いか?と言われたら、正直良くないです(笑)

同じミリタリー系のズボンでもポケットの使い勝手はモンキーパンツの圧勝ですね。

>>モンキーパンツの記事はこちら。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
フロントボタン

フロントはボタンになっています。

70年代からはジッパー仕様になっていきます→豆知識

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
尿素ボタン

『lot1086』ベイカーパンツに使われているボタンです。

ツルっとツヤっとした雰囲気の尿素ボタン。

プラスチック樹脂のボタンができるより前に使われていたボタンが再現され、使用されています。

アップにしたついでに生地のアップ↓

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
生地アップ

こちらのベイカーパンツには、ネップ感のあるヘリンボーン生地が使われています。

織り目がはっきりとわかる生地感です。

ライトな生地なので夏にピッタリとだ思います。

インパクトのある生地感なので、上着はシンプルなTシャツ1枚でもOKですね。

軽装になる夏にはありがたい。

ウエアハウスのベイカーパンツの主な特徴をご紹介しました。

ベイカーパンツの経年変化。

実は、経年変化も楽しめます。

エイジング状況をピックアップしてみていきます。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
経年変化①

ダブルステッチで縫製されているので、普通に穿いて洗濯しているだけで凸凹が協調されアタリが出てきました。

色味に関しても購入当初は濃いオリーブベージュでしたが、退色してなじんできています。

所々に白っぽさがでてきました。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
経年変化②

擦れやすい生地の重なり合ったポケット周辺。

擦れる部分が白っぽく退色してきています。いや~楽しめます。

ウエアハウス ミリタリ-パンツ 1086
経年変化③

さきほどと同じ写真ですが、ボコボコとしたアタリがすごい出ています。

柔らかいヘリンボーン生地なので、デニムの様にヒゲは付きませんが、ダブルステッチによる縫製のおかげで見事な経変変化をしてきてます。

穿くたび洗うたび、雰囲気むんむんになってきているように感じます。

かなり変化を感じやすい生地だと思います。

ちなみにこちらが購入時のお写真。

ウエアハウス 1086 ミリタリーパンツ
lot1086 購入時

かなり色が濃い感じですし、ステッチ部分の凹凸も少ないです。

当初よりも大分雰囲気変わってきたのがわかります。

ベイカーパンツのコーディネート。

ミリタリーパンツコーデ
コーディネート

簡単にではありますがコーディネートを。出かけた時の写真で申し訳ございません。

定番ですが、私はデニムシャツとの組み合わせが相性バッチリだと感じでいます。

シルエットは、中太でまっすぐにズドン。

夏はサンダルやローテクスニーカーと、冬はブーツと。

クセも少なく、比較的なんでも合わせやすく万能なボトムスです。

まとめとこれから。

夏本番を迎える前にライト生地感のウエアハウスのミリタリーパンツのレビューでした。

個人的に、バックサテンよりもヘリンボーン生地が好きなのでコレはかなりツボ。

ゴリゴリのミリタリー感よりも渋めの大人のアメカジコーデができます。

春から夏にかけては、ロールアップしてサンダルと合わせて楽しみたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。