filson リュック

アメカジに合わせるバックは【FILSON】がオススメ。

本日はアメカジスタイルに合うリュックについての記事になります。

たくさんあるリュックの中でもオススメのブランド「FILSON」からジャーニーマンバックパックをご紹介したいと思います。

「フィルソン」って初めて聞いたよ!という方にも魅力が伝わると嬉しいです。

「フィルソン」とは?

1897年にワシントン州シアトルにて誕生したアウトドアメーカーです。

“MIGHT AS WELL HAVE THE BEST”
「どうせ持つなら最上のものを」
創業者CLINTON C. FILSONの言葉です

https://filson.jp/pages/history

過酷な環境下での使用にも耐えうる長年愛用できるようなこだわりのモノづくりを続けています。

創業から100年以上が経ちますがいまだに人気が衰えないブランドです。

そんなフィルソンの代表的なアイテムの特徴といえば・・・

  • ラキッドツイル
  • オイルドコットン
  • マッキーノウール

今からご紹介させていただくジャーニーマンバックパックにはラキッドツイルとオイルドコットンが使用されています。

マッキーノウールに関しては、ベストを所有していますのでまたシーズンになったらご紹介したいと思います。

ジャーニーマンバックパックはエイジングも楽しめるぞ!

フィルソン バックパック
ジャーニーマンバックパック

パット見はシンプルな外見ですが、よく見ていくと惚れ惚れてしまうようなディテールがたくさん盛り込まれています。

外側はオイルが含まれているので陰影のある表情になっており、撥水性があります。

オイルのにおいについては気にならないレベルだと思います。

では写真がかなり多めですが、じっくりと見ていきます。

ジャーニーマンバックパック 背面
背当て

背中に当たる部分にはしっかりとクッション性の高いパッドが使われています。

このあたりの快適性も申し分なしです。

ショルダーストラップ内側

肩に当たる部分のパーツを見ていきます。クッション性がありふんわりとした質感です。

FILSONのリュックのショルダーストラップには「革」が使われていることも多いのですが、個人的に「革」が使われていると長時間使用すると肩が痛くなるのです。

ジャーニーマンバックパックは「旅人」向け?ということで快適性重視ということなのでしょうか。

ラキッドツイルコットン
フロントポケットのボタン

「C.C.FILSON CO SEATTLE」創業者と創業の地名が描かれた真鍮製のボタンです。

このボタン1つからでもブランドのアイデンティティが伝わってきます。

ジャーニーマンバックパック ポケット
フロントポケット内部

アクセスしやすいフロントポケットの内部はこのようになっています。

かなり容量があります。

フィルソン ジッパー
ジッパー

リュックの内部へ行く前に、ジッパーのご紹介。

一般的なジッパーに比べると大きなジッパーであることに加え、先端にはブライドルレザーが結ばれています。手袋をしていても開閉しやすい仕様ですね。

ジッパーの感触としては、滑らかというよりも「じりじり重め」な質感です。

こちらも真鍮製なのでエイジングも感じられます。

メインコンパートメント

ジッパーを開け、メインポケットを大きく開くとこのような感じです。

内側にも「FILSON」のロゴが縫い付けてありますね。

フィルソン製品全体にいえることですが、ポケットが多く配置されとても使いやすいのが特徴かと思います。背面部分にはタブレット端末や小型のノートPCも安全に収納可能です。

内部のファスナー付きポケット

ファスナー付きのポケットも配置されています。

貴重品などを収納しておくスペースも確保されています。ちなみに「YKKファスナー」です。

メイドインUSAとメイドインJAPANの融合!

ショルダーストラップのパーツ

あと忘れてはいけないのが、フィルソン製のバッグにはブライドルレザーが多く使われています。

ショルダーストラップの下部パーツにも使用されており、こちらもエイジングを味わえるディテールです。真鍮×ブライドルレザーの組み合わせは非常に良いですね。

こちらの真鍮パーツは若干くすんだ表情になってきています。

ブライドルレザーの経年変化

こちらは私が普段仕事で使用しているFILSONのブリーフケースの持ち手部分になります。

頑丈なブライドルレザーが柔らかくなりアジが出てきています。

FILSONのアイテムには使いこんでエイジングを味わえるパーツがふんだんに使われています。

ジャーニーマンバックパックのサイズ感について。

縦42センチ
横30センチ
マチ14センチ

縦42センチ、横30センチ、マチ14センチです。

ほどほどの大きさなので普段使いも可能なサイズ感ではないでしょうか。

2泊3日の小旅行であれば問題なくいけちゃうと思いますよ。

フィルソンで男らしいコーディネートを!

FILSON  JOURNEYMAN BACKPACK 

いかがでしたか?フィルソンの魅力と私のフィルソン愛は伝わりましたでしょうか?

ラキッドツイル×オイルドコットン×ブライドルレザーは、いずれの素材も頑丈で耐久性があり経年変化も味わえます。 経年変化が味わえるカバンはそうそうないと思います。

デザイン、耐久性、機能性のすべてで高いレベルにあると個人的に感じます。

その分お値段も少々張りますが。

テーマでもある「アメカジに合うバッグ」についてですが、経年変化があることもそうですが、なんといってもデニムやインディゴと相性が抜群です。

ナイロン素材のリュックだと少し印象が若くなりがちですが、フィルソンのバッグは素材感や色の深みもあり大人のアメカジにもピッタリです。

長年使いこんでアジのある手放せない相棒にしていきたい一品ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。