ウエアハウス900

ウエアハウスlot900【細身のシルエットが魅力の1本】

今回はウエアハウスでも細身のシルエットが人気の『lot900』についてです。

ウエアハウス定番のlot1001とのシルエット比較も行っています。

「本格派の細身ジーンズが欲しい!」という方は必見。

細身でもビンテージ仕様を楽しめる1本。

ウエアハウス900 細め

ウエアハウスの『lot900』という品番はご存じでしょうか?

レプリカジーンズの代表的なブランドが手掛ける細身のジーンズです。

おしり~足首にかけてすっきりとしたシルエットで、大人が穿いても嫌味のない適度なテーパードが特徴です。

『lot900』の生地には、ウエアハウスの定番ジーンズである『lot1001』と同じく13.5ozのバナーデニム生地が使用されています。

洗練されたシルエットなので、ぱっと見は現代的な印象ですが、ビンテージジーンズと同じようなディテールと色落ちを楽しむことできる1本です。

ウエアハウス lot900【ディテール解説】

ウエアハウス900
ウエアハウス900
ウエアハウス900
トップボタン

オリジナルで制作されている鉄製トップボタンは白くコーティングされています。

穿いて洗ってコーティングが徐々にはがれていくと・・・

ウエアハウス900 経年変化
トップボタンのエイジング

このように経年変化を遂げてきます。

雰囲気が出てきていますよね。サビもちらほらと出てきています。

ジーンズの色落ちだけでなく、パーツの経年変化も楽しみなポイント。

ウエアハウス900
リベット

オリジナルのリベットです。

見えづらいですが、文字が刻印されています。

ウエアハウス900
隠しリベット

刻印が入った隠しリベットです。

細身のシルエットの『lot900』でも隠しリベットが採用されています。

見た目は現代的でありながら、ビンテージジーンズにあるディテールを楽しむことができます。

ちなみに隠しリベットは、501xxでいうところ1965年ごろまでの仕様です。

センターセット

センターセットされたベルトループ。

こちらも1965年ごろにセンターセットになったといわれています。

旧品番のlot900は赤タブは付いていません。

リニューアルされた現行品『lot900xx』にはカンドメされた赤タブがつきます。

パッチ

鹿革のパッチ。

下のタグには『RUNNING NO』が記載されています。

403620本目?

だとしたらものすごい本数が生産されています。

ミミ

ウエアハウスおなじみのオレンジ色のミミ。

裾はもちろんチェーンステッチで裾上げされています。

シルエット比較【lot900とlot1001】

人気のlot900とlot1001でシルエットの比較をしていきます。

※サイズが1インチ違いますので参考程度でお願いします。

両品番とも13.5ozのバナーデニム生地を使用しているでの色落ちの参考にもどうぞ。

上lot900 下lot1001

わたり。

lot900番の方が太もも周りにフィット感があるので、メリハリのあるヒゲに育つでしょう。

上lot900 下lot1001

膝周辺の比較。

上lot900 下lot1001

裾付近の比較。

裾では約3.0㎝ほどlot900番の方が細くなります。

lot900番の方がテーパードのかかり具合がきつくなっています。

ミミの幅は同じような感じです。

同じ色だったとは思えないほどの変貌を遂げています。

革パッチ周辺の経年変化。

バックポケット比較

一見同じように見えるバックポケットですが、大きさの比較をしてみました。

lot900 タテ14.0cm
lot1001 タテ15.0cm
lot900 ヨコ15.5cm
lot1001 ヨコ16.5㎝

バックポケットまとめ

縦幅横幅
lot90014.0cm15.5cm
lot100115.5cm16.5cm

lot900番の方が 細身のシルエットに合わせて小さめに作られています。

小尻に見えますね。

ウエアハウス900が人気の理由

ウエアハウス900
  • 現代的なスタイリングが可能
  • ビンテージのディテールと色落ち
  • アメカジ感を失わない絶妙なシルエット

以上の3点が私の思う人気の理由です。

実際に穿いてみて感じるのは、腰回りのもたつきはなく足がすっきり長く見えます。

極端なテーパードではないので細身ではありますが、穿きやすくてコーディネートもしやすい1本です。

大人になればなるほどTPOを気にする機会が増えてきて、古着感満載だった服装から清潔感あるそれなりの服装をしなければならない場面も多いはず。

lot900番は、革靴とシャツやジャケットなどを合わせればもう洗練されたスタイリングが完成する。

まさに大人が穿きたいビンテージ仕様のジーンズだ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。